お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

春の儚き花々〜スプリング・エフェメラル⑤〜

これまでご紹介してきた春の儚き花々たちは、公園などで見かけたり、山野草として育てている人もいるかもしれません。しかし野山などに一面に広がる群生地を見るのが、スプリング・エフェメラルの醍醐味と言えるかもしれません。そんな自然の中で春の妖精たちに会えるお出かけスポット、青森市浅虫の湯の島をご紹介します。

|島全体がカタクリの群生地

出典:https://www.photolibrary.jp/img485/47499_4626177.html

カタクリの群生地は各地にあれど、島一つが群生地となっているのが青森市浅虫の湯の島。湯の島は浅虫海岸沖合にある小さな無人島です。600万から700万年前の火山活動によりできた島で、標高は132m。4月の中頃には島全体がカタクリの花で覆われ、毎年カタクリ祭りも開催されています。

|往復1時間ほどの散策が楽しめる

出典:https://www.photolibrary.jp/img274/30459_2269778.html

島までは船で5分程度で渡ることができます。遊歩道が整備されており、30分ほどで山頂に到着。樹齢400年あまりのケヤキの巨木があったり、カタクリのほかにもフクジュソウやキクザキイチゲなども咲いています。ガイドの方から島の案内や花の説明などもしてもらえます。

|温泉や水族館 夏は海水浴で賑わう浅虫

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Beach_of_Asamushi,_-11_Jun._2012_a.jpg

青森市東部に位置する浅虫は、陸奥湾に面し温泉地としても有名。湯の島の頂上からは浅虫温泉街全体が見渡せます。夏は海水浴場で賑わい、海釣り公園では手ぶらで来ても釣りが楽しめます。イルカショーもある浅虫水族館も近くにあり、家族連れで楽しめる観光スポット。湯の島でカタクリの美しさを堪能した後は、温泉や水族館で楽しむのもいいかもしれませんね。

|まとめ

春の儚き花々〜スプリング・エフェメラル〜と題してお送りしてきたお話、いかがだったでしょうか。わずかな時間しか会うことのできない花々ですが、それゆえ私たちの心に春を迎えた喜びと高揚感をもたらしてくれるのかもしれません。サクラとはまた違った趣ですが、四季の流れが豊かな日本だからこそ、味わえる春の楽しみなのではないでしょうか。