お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

春を告げる花「春蘭」

「春蘭」は、日本を代表する野生ランです。主に里山や人里に近い乾燥した山地の雑木林などに自生し、古くより季節の花や祝いの花として親しまれてきました。生活にも取り入れられていた身近な植物「春蘭」、地方ごとに付けられた様々な呼び名も一緒にご紹介します。

 

|目立たずひっそり

開花時期は3〜4月頃。
地際から花茎を出し、その先端に淡い黄緑色の花を1輪咲かせます。花の大きさは6cm前後、淡い緑色で紫色の筋が入ります。
葉は長さ20〜35cm、幅0.6〜1cmの線形。高さ10〜25cm。
花は葉と同じような色なので あまり目立ちません。
花言葉「素直なしぐさ」「気品」「清純」

|名前がいっぱい

「春に咲く蘭」なので「春蘭」。
その他の呼び名として「ホクロ」「ジジババ」などなど。
「ほくろ」は、花びらの一部に濃い紅紫色の斑点があり、その斑点をホクロや老人の顔のシミに見立てて名付けられたもの。
「ジジババ」は、上の方に、おばあさんが頭にかぶる”ほっかむり” 下の方に、おじいさんの”白いひげ”があることから。
また「ジィサンバァサン」「オジオバア」「ホックリ」など、地方によって色々な呼び方があるようです。

|食用として

花はテンプラや、茹でてお浸しにして食用にされます。
また、塩漬けにした花をお茶のように湯に入れるとよい香りがし、ラン茶として楽しまれています。
乾燥させた根を粉末にしたものは、ひび、あかぎれなどに使用すると効果があるとされています。

|まとめ

以前は北海道〜九州各地で普通に見られていましたが、花の色や斑点の出方が微妙に違うなどからコレクションの対象にされることがあり、山採りの被害に遭いやすいのが現状です。そのため、野生のものは数が減っています。
一生懸命に春を知らせてくれる春蘭、守らなければいけない財産です。