お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

花でお祝い 〜ひな祭り〜

3月3日は「ひな祭り」です。この日は、雛人形や花を飾りご馳走を食べ女の子の健やかな成長を願う伝統行事です。
ひな祭りには欠かせない「桃の花」や「橘」、一緒に飾るのはなぜなのでしょうか?
ひな祭りの由来と一緒にご紹介します。

|ひな祭りの由来

ひな祭りは、日本の五節句の1つである「上巳(じょうみ・じょうし)の節句」にあたります。
※五節句とは、1年に5回ある季節の節目の日で、その季節の収穫物などをお供えして、これまでの感謝とこれからの五穀豊穣を願う日
上巳の節句には、紙や草で作った身代りに災いを託して川に流す、というおはらいが行なわれていました。
また、貴族階級の女の子の間では、紙の人形を使った遊びが流行っていました。これを「ひいな遊び」と言い、江戸時代に「ひいな遊び」と「上巳の節句」が結びついて「流し雛」が誕生しました。
その後人形も豪華になっていき部屋に飾るようになり、現在のひな祭りの形になっていったようです。

|桃の花を飾るワケ

「桃の節句」とも呼ばれているひな祭り。
桃の花には元々「魔除け」や「長寿」のパワーがあるとされていました。中国では上巳の節句には、桃の花を飾り、桃の花を漬けたお酒を飲み、桃の葉が入ったお風呂に入って邪気祓いを行ってたそうです。また旧暦の3月3日はちょうど桃の花が咲くころだったことが重なり、ひな祭りに桃の花が飾られるようになりました。

|橘を飾るワケ

橘には「不老長寿」を願う役割があり、健やかに過ごすための象徴であるとされています。
ひな壇には「桜」も飾られています。「左近の桜」・「右近の橘」と呼ばれ、基本的に橘と桜はセットで置かれることが多いです。
桜には穀物の神様が宿っているともいわれ、魔除け、厄除けの力があります。
どちらも古くから日本には欠かせない花、子供の成長を見守るのにふさわしい花なのです。

|まとめ

桃の花言葉は、「チャーミング」「気立ての良さ」「私はあなたのとりこ」「天下無敵」です。
また、桃という漢字は木偏に「兆」と書き、桃の花はとても多くの実(子供)を付けることから、多産を意味する縁起のよい花とされています。
最近では、住宅事情により大きな雛人形を飾るご家庭が減っています。そんな時は、桃の花や橘の枝をお部屋に飾ってみませんか?それだけで、ひなまつりの雰囲気を味わうことが出来ますよ。