お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

ふかふか産毛に覆われた冬芽

暖かくなる春を待ちわびながらふかふかの産毛に覆われている木々の蕾たち。「磁石の木」とも呼ばれ、蕾の頃、片側に反り返っている特徴があります。 また、蕾が北を向くことから、コンパスフラワ-と呼ばれたりもします。

|うぶ毛の正体

出典:https://www.google.co.jp

出典:https://www.google.co.jp

秋にすっかり落ちてしまった木々を見上げると、フカフカしたかわいいものが膨らんでいます。植物の種類によって形は様々ですが、寒い季節から芽吹きの季節に見られる冬芽と呼ばれ、春への準備が着々と行われているのです。触れてみると想像以上にしなやかでやさしい感触が素敵です。

|冬芽とは

出典:https://www.google.co.jp/

出典:https://www.google.co.jp/

冬芽とは寒さや乾燥から身を守るために越冬用の硬い鱗片に覆われ、葉や花になる芽のことです。冬芽の中には、ふわふわ綿毛で覆われていないものも存在します。

冬芽にも毛が長く豪勢なものから、短い毛並みのもの、ほとんど目立たないものまでいろんな種類があります。

 

フカフカしたハクモクレンの冬芽

ハクモクレン

ハクモクレン

ハクモクレンは芽鱗(がりん)と呼ばれるフカフカのまるで毛皮のコートのようなもので覆われ、ぬくぬくと冬眠している植物もいます。

強烈な紫外線や乾燥、寒さや害虫等から身を守る役割をしているという事です。どうやらカワイイだけの無駄毛ではないようです。

|猫の尻尾のようなネコヤナギ

IMG_0905

驚くべきことにネコヤナギの花穂の毛とシロクマの毛も同じような構造になっていて、白く輝く断熱機能を持っているようです。フカフカとしたぬくもりのある毛並は猫の尾ににた触り心地です。

|まとめ

ここに紹介した以外にも、ふかふかした産毛でおおわれて春を待つ植物はまだまだたくさんあります。固くふわふわ毛皮をまとった姿から少しづつ新芽が芽吹いていく春が待ち遠しいですね。