お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

春はやっぱりピンクの花木③

ウメ、モモ、サクラは知っていても、意外と知らないのがアンズではないでしょうか。アンズといえば、花木というより、実をジャムにするといったイメージが強いかもしれません。しかしウメやモモサクラに劣らず、春に美しい花を咲かせるのです。

|種は漢方薬 実はジャムとして

出典:https://www.photolibrary.jp/img389/204955_3692708.html

アンズは中国原産の落葉樹で、主に果樹として扱われています。平安時代には、唐桃(カラモモ)と呼ばれ栽培されていましたが、種を薬として利用するためのものでした。現在でも「杏仁」という漢方薬として、主に咳止めとして用いられています。実は酸味が強いため、ジャムやお菓子の材料として加工されることが多くなっています。

|花も実もウメによく似た雰囲気

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1443949?title=あんずの花&selected_size=s

花の時期は3月から4月。サクラよりも若干早く開花します。6月から7月に直径3㎝ほどのオレンジ色の実ができます。花はサクラよりもウメに雰囲気が似ており、実もウメの実によく似ています。耐寒性がある果樹なので、青森県や長野県などの寒い地域での栽培が盛んです。

|萼が反り返っているかどうか

出典:https://www.photolibrary.jp/img391/163811_3718402.html

花の色は淡いピンク色。花びらは5枚で、形は丸くウメに似ています。ウメとの違いは、花が開くと萼が反り返ること。一見ウメと区別がつきませんが、花の付け根を見れば分かります。花が終わってから出る葉は、幅広い楕円形で、縁にギザギザが入っています。

|まとめ

アンズとウメはなかなか見分けが難しいものです。ウメの中でも豊後梅という品種は、アンズとウメを交配させたものなので、特に見分けがつきにくいようです。写真は上2枚がアンズ、3枚目が豊後梅。近くで見てもなかなか分からないかもしれません。