お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

春はやっぱりピンクの花木②

3月3日はひな祭り。桃の節句ですね。雛人形とともにモモの花を飾っているご家庭も多いことかと思います。ピンク色の春の花木についてお送りする2回目はモモの花。今、花屋にはモモの切り枝がたくさん並んでいますが、ひな祭りが近いからモモの花だと分かるという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

|薬用や観賞用として利用

出典:https://www.photolibrary.jp/img236/46046_1758965.html

モモは中国原産の落葉樹。日本での歴史は古く、弥生時代には中国から伝わり、平安時代には実が食べられていました。当時は現在の実のように甘くはなかったため、薬用として使われたり、花も観賞用とするのが一般的でした。梅と同様に、花を楽しむ「花モモ」と、実を楽しむ「実モモ」に分けられますが、食用として栽培が盛んになったのは、明治時代に入ってからのことです。

|邪気を払う縁起の良い植物

出典:https://www.photolibrary.jp/img147/52531_730732.html

3月3日のひな祭りに飾る花として知られているモモ。旧暦の3月3日は、現在の4月上旬頃。その時期にちょうど開花時期を迎えるのがモモの花だったこと、またモモには邪気を払う力があるといわれていたことから、女の子の健やかな成長を祝う時に飾られるようになりました。しかしひな祭り前の時期から、花屋にはモモの花が売られています。これは温室栽培で、ひな祭り用に開花時期が調整されたものなのです。

|花が咲くのと同時に葉が出る

出典:https://www.photolibrary.jp/img281/100974_2381511.html

モモの花の特徴は、花びらの先端が尖っていること。花柄が短いので、サクラよりも枝に密着して咲いてます。一つの節に二つ花が咲くので、ウメよりも華やかな感じがします。また、花と同時に葉が出るのも、モモの特徴。葉の形は長い楕円形です。

|まとめ

花モモの花は八重咲きのものが多く華やか。実モモの花は一重咲きですが、実モモの産地ではモモ畑でお花見が楽しめることも。今回の写真は、上2枚がモモ、3枚目がヤエザクラです。遠目には区別が難しそうですね。