お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

春に開花 〜春菊〜

鍋物などに欠かせない野菜といえば「春菊」です。関西では「菊菜」と呼ばれています。
地中海沿岸地方原産で、中国を経て日本には室町時代に伝わり江戸時代から食用としての栽培が始まりました。
ところで、春菊の花を見たことありますか?春菊の魅力と一緒にご紹介します。

|コスモスに似た花

キク科の植物ですので、春になると美しい黄色い花を咲かせます。「春菊」の名前の由来は、春に花を咲かせる事から。
また、野菜として利用されているのは日本や中国で、ヨーロッパでは観賞用に栽培されます。
因みに、花も食べられます。
花言葉:「豊富」「私を信じて下さい」「とっておき」

|驚くべき栄養素

一番注目されている栄養成分は、β-カロテンです。これは、体内でビタミンAに変わる栄養成分で、皮膚や粘膜を保護する働き、風邪の予防や肌荒れの予防に効能があります。茹でることでβ-カロテンの量が2倍になります。
また、ビタミンCやカルシウム、鉄分なども豊富に含まれています。

|家庭菜園

生育適温が15~20℃と冷涼な気候を好むため、春と秋が栽培の適期です。葉の大きさ・切れ込みで大葉種、中葉種、小葉種に分類され、栽培しやすいのは中葉種です。
春まきは4月~5月中旬、秋まきは9月~10月上旬です。プランターでも育てることが出来ます。

|まとめ

基本的には、花が咲く前に収穫します。
アブラナ科の野菜に発生する害虫を防ぐ効果があり、コンパニオンプランツとしてもオススメです!
今年の春は、春菊の栽培に挑戦してみませんか?