お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

なぜ春は黄色い花が多いの?

春に咲く花の約50%は「黄色い花」と言われています。なぜなのでしょうか・・。
まだまだ寒さが残る初春、寒さに負けず咲き誇る花たち。今回は理由と春に咲く黄色い花をご紹介します。

|虫媒花の作戦:菜の花

虫媒花とは、虫に花粉を運んでもらうことで受粉する花のこと。
虫を集めるために必要なのは、においと目立つ花の色です。春の風ににおいを放ち、目立つ黄色い花をさかせ、虫達を誘います。
1月下旬頃から咲き始める「菜の花」、まさに強い香りと黄色い花で虫達を誘う代表的な花です。
花言葉:「快活」「明るさ」

|虫達の色覚

虫達に見えている色と人間に見えている色、じつは全く見え方が違います。
虫の目には「単眼」と呼ばれる器官があり、そこで光を受容しています。受容出来る光の波長は人間に比べて短波長で、紫外線を見る能力も備わっています。そのため紫外線を含む青や紫には反応しやすく、赤色には反応が鈍い特徴があります。
人には黄色や白く見える花、虫達には淡い青色に見えています。そのため黄色い花に集まってくると考えられています。

|ハエが大好きな色:マンサク

マンサクも黄色の花を咲かせますが、4枚ある花びらがひも状なので、あまり目立ちません。花びらよりも紫褐色のガクや雄しべ雌しべのほうが目立ちます。マンサクが呼んでいるのはハエの仲間。ハエは黄色も好きですが、肉に似た色の紫褐色には食べ物だと思って寄ってきます。
花言葉:呪文」「魔力」「霊感」「ひらめき」

|まとめ

イソギク福寿草なども、春を代表する黄色い花を咲かせます。
人間は「光の三原色」によって色の違いを見ることができます。昆虫の多くは「複眼」と呼ばれる目の構造を持っていて、視野の広さと動体視力に優れています。花たちは、虫達の目の特徴を知り尽くし、花粉や蜜のある位置をアピールしているのです。