お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

魅力的な姿のイソギク

磯に自生するのでイソギクの名前があります。庭や花壇が寂しくなりがちな秋から冬に毎年明るい色彩の花を咲かせてくれます。

|特徴1

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki

茎は斜めに曲がりながら成長し、30~60cmほどの高さになります。主な開花期は10月~1月で、茎の先端に黄色くて丸い花がまとまって付きます。花びらはなく、筒状花のみですが、全体が鮮やかな黄色なのでよく目立ちます。大株に育ったものはたくさんの花を咲かせてくれます。

|銀白色の葉

出典:http://photozou.jp/photo/show/3160867/243154499

出典:http://photozou.jp/photo/show/3160867/243154499

イソギクとは、日本の磯や岩場などの厳しい環境に適応するキク科キク属の植物です。肉質な葉の裏面には細かい毛が密生していて銀白色に見え独特の外観をしています。

|ふやし方

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/

株分けとさし芽でふやせます。鉢やポットに土を入れて切り取った芽を挿し、乾かさないようにするとやがて根が出てきます。

花が咲き終わったあとは、茎を半分くらいの位置で切り戻します。

生長して茎が伸びてきたら、5月~6月頃に芽先を摘む「摘心」をします。こうすることでわき芽がたくさん出てきて、株全体にボリュームが出ます。

|たくましい植物

イソギク

イソギク

葉はやや肉厚で切れこみが入り、縁に白い筋があるように見えます。株は自然にまとまり成長もやや遅めなので扱いやすい植物です。ただ地下茎で横にほふくし最終的には大きい株になるので、小さな庭では摘心や株分けを行いましょう。強い日差しや乾燥を好み、病害虫もほとんど発生しないので放任でもよく育つたくましさがあります。

|まとめ

個性的な姿をしたイソギクは、夏の暑さにも乾燥にも強く、寒さにも強く、花は明るい色彩の花を咲かせるので是非育ててみたい花です。