お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

雪の妖精スノードロップ

春を告げる花として人気があり、花の姿はイヤリングのようにかわいいスノードロップ。まだまだ冬の寒い気温の中でひたむきに咲いています。

|花名の由来

出典:https://www.google.co.jp/search?q=スノードロップ

出典:https://www.google.co.jp/search?q=スノードロップ

スノードロップの学名は「Galanthus nivalis(ガランサス・ニバリス)」。属名「alanthus(ガランサス)」はギリシア語で「乳のように白い花」を意味します。また、ラテン語の「雪(nivis)」を語源として「雪の中や近くに成長する」という意味があるといわれます。その流れから、英名では「スノードロップ(雪のしずく)」、和名では「待雪草(マツユキソウ)」と呼ばれています。

|春を告げる花

出典:https://www.google.co.jp/search?q=スノードロップ

出典:https://www.google.co.jp/search?q=スノードロップ

冬の終わりから春先にかけて小さな白い花を咲かせるスノードロップは、春を告げる花として知られます。日射しに春のきざしを感じるころ、ひとつの茎にひとつずつ、釣鐘形の白い花をうつむくように下向きに咲かせます。夜になるとその花を閉じ、日中に吸収したあたたかい空気を溜め込んでいます。

|スノードロップとスノーフレーク

出典:https://www.google.co.jp/search?q=スノードロップ

出典:https://www.google.co.jp/search?q=スノードロップ

同じヒガンバナ科のスノードロップとスノーフレークという花があります。名前が似ていて混同しやすいのですが、それぞれ違う植物です。スノーフレークは、4月~5月ごろに白いスズランのような花を咲かせます。

|特徴

出典:https://www.google.co.jp/search?q=スノードロップ

出典:https://www.google.co.jp/search?q=スノードロップ

球根は直径2cmほどで、地表から2~3枚の葉を出します。花茎が伸びてその先端に白い花が下向きに咲きます。花は外側に大きな花びらが3枚、その内側から顔をのぞかせるように小さな花びらが3枚つきます。内側の花びらは重なり合って筒状になり、緑色の大きな斑が入るのが特徴です。

|まとめ

ヨーロッパでは古くから親しまれており宗教との関わりも深く、神話や伝説が多く残る植物と言われています。イヤリングのようなかわいい花のスノードロップの花が咲き始めると寒さも厳しくなるのでしょうか。