お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

意外と知らない植木鉢のイロハ⑤

植物に合った植木鉢を選び庭を彩る楽しみの中で、おそらく誰もが悩んでいるのが、古い植木鉢と土の処理ではないでしょうか。一戸建で広い庭があるならばまだ良いのですが、マンションのベランダでガーデニングを楽しんでいる場合など、どうやって処分していますか。意外と知らない植木鉢のイロハの最終回は、古い植木鉢と土の処分の仕方についてお送りします。

|自治体の処理区分に従って

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/466730?title=盆栽&selected_size=s

プラスチック鉢は年月が経つと色褪せ、ひび割れてくることも多いもの。素焼き鉢は、割れたり欠けたりして使えなくなりますね。お住まいの自治体のゴミ処理の規定にしたがって、それぞれ素材別に燃えるゴミ、燃やせないゴミ、不燃ゴミ、大きさによっては粗大ゴミに出すことになります。しかし大抵の場合、植木鉢の中には古い土も残り、一筋縄でいかない場合が多いかもしれません。

|引取り業者に依頼する方法

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1222128?title=モスポット&selected_size=s

古い土に関しては、自治体でも回収しているところは少ないようです。少量ずつであれば回収するというところもあるようですが、なかなか難しいかもしれません。自治体の回収が難しい場合には、お金はかかりますが、不用品回収業者に回収してもらう方法もあります。この場合は古い植木鉢も一緒に依頼できます。最近は造園業者や園芸店、ホームセンターで植木鉢や土の回収を行っているところもあるようですので、お近くの業者を調べてみてはいかがでしょうか。

|土のあるところに捨てるのは厳禁

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/639620?title=積まれた植木鉢&selected_size=s

一度使った土を蘇らせる土壌改良剤を使って、再利用する方法もあります。手間はかかりますが、自分の手で土のリサイクルができるのは魅力ですね。くれぐれも公園や河川敷などには土を捨てないように。同じ土のある場所だから大丈夫だろうと思いがちですが、土の中に根や種子が混じっていれば、捨てた場所で植物が生え、その場の生態系に影響を及ぼすこともあります。何より不法投棄になりますので、絶対にやめましょう。

|まとめ

植木鉢と土の処理は、まずお住まいの自治体で処理が可能かどうか確認しましょう。それがダメなら、引き取りを行なっている園芸関連の業者や不用品回収業者に依頼してみて下さい。ガーデニングを楽しむ上で欠かせない植木鉢についてお送りしたシリーズ、いかがでしたでしょうか。本格的なガーデニングの季節はまだ少し先ですが、あなたの庭にぴったりな春の花と素敵な植木鉢を探してみて下さいね。