お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

今年もみんなで 〜五節句〜

日本の伝統的文化である「五節句」。唐の時代の中国から伝わってきたもので、奇数月の奇数日は縁起が悪いとされ(奇数は陽で縁起が良いが、奇数が重なると偶数の陰になり縁起が悪い)、邪気をはらうお祭りなどが行なわれていました。そのお祭りでは旬の食べ物を食べ「生命力をもらい、その力で邪気を払う」ことが目的で行われていました。
日本に伝わった時には農耕で節目節目で行なわれていた風習と合わさり、年間行事として残っています。
象徴する花と一緒にご紹介します。

|1月7日:人日(じんじつ)の節句「七草」


本来は1月1日の元旦でしたが、江戸時代に1月7日が採用されました。
7日が採用された理由として、1日は一年の始まりを祝う特別な日であることと、7日は人を大切にする日であったため。
「人日」という名は中国の占いから来ています。1月1日から動物を当てはめて占いを行う風習があり、1日:鶏・2日:犬(狗)・3日:羊・4日:猪・5日:牛・6日:馬・7日:人 となっています。占いの対象となる動物は大切に扱われ、7日は人を大切にする日であることから「人日の節句」が制定されました。7日は犯罪者を処罰しなかったともいわれています。
また、古代中国において、7日は7種の野草を使って羹(あつもの:熱い汁物)を作って食べる習慣がありました。それが日本にも伝わり室町時代には七草粥を作って食べる習慣になったと言われています。七草粥は「胃腸をいたわるため」「青菜の栄養を摂るため」「1年の無病息災を願うため」という意味が込められています。

 

|3月3日:上巳(じょうし)の節句「桃の花」

「上巳」という名は、昔、中国では3月最初の巳の日に川で身を清め、不浄を祓うという風習に由来しています。日本に伝わったのは平安時代、宮中の「人形遊び」と結びつき「流し雛」へと発展したといわれています。
また中国では、桃は強い生命力・ヨモギは強い香りが邪気を祓うと考えられたため、3月3日の日に桃花を浸した酒を飲み、ヨモギを入れた草餅を食べていました。
桃が咲く時期と重なることから「桃の節句」とも言われ、桃などの自然の生命力をもらい 女の子の誕生と成長を願う「雛祭り」としてお祝いされています。
桃の花の花言葉:「私はあなたのとりこ」「天下無敵」「気立ての良さ」

|5月5日:端午の節句「菖蒲」

「端午」という名は、月の端(はじめ)の午(うま)の日を意味しています。
以前は厄病を祓う節句で「菖蒲の節句」と呼ばれていました(菖蒲は、煎じて飲んだりして昔から薬草として使われていたため)。
江戸時代になって、3月3日の女の子の節句と対応させ、菖蒲が尚武と同じ音であることから男の子の節句になり、江戸幕府の公式行事となりました。
菖蒲の花言葉:「あなたを信じます」「優しい心」「忍耐」「諦め」

|7月7日:七夕の節句「笹」

「七夕」とは「7月7日の夕方」を意味しています。
中国に古くから伝わる、牽牛星(けんぎゅうせい・わし座のアルタイル)・織女星(しょくじょせい・こと座のベガ)の伝説に基づいた星祭りの説話が元になっています。
願い事を短冊を書いて笹竹に吊るす風習は、竹竿に糸をかけて裁縫や習字の上達を星に祈るとかなえられるという、中国の乞巧奠(きつこうでん)の習わしからきているようです。
大奥では、瓜・桃・菓子などを白木の台に盛り、その四隅に笹竹を立て、詩歌を書いた短冊や色紙を結びつけました。それが一般の人々の風習として広まり、文筆や針仕事の上達を願いを書くようになりました。
笹の花言葉:「ささやかな幸せ」

9月9日:重陽(ちょうよう)の節句「菊」

「重陽」という名は、「九」という陽の数が重なることから。
昔、中国では陽の極である9が重なる9月9日は大変めでたい日とされ、菊酒を飲み長命を願うという風習がありました。日本には平安時代の初めに伝わり、宮中では観菊の宴が催されました。「菊の節句」「菊の宴」とも言われています。
太宰府天満宮の秋思祭(しゅうしさい)など、各地で菊の祭りや行事が催されています。
菊の花言葉:「高貴」「高潔」「高尚」

|まとめ

江戸幕府は、一年のうちで特に重要な節目として五節句を祝日に定めていましたが、明治6年、陰暦から太陽暦へかわった時に廃止となっています。
現在は、雛祭りや七夕、また端午の節句は「子供の日」としてお祝いされています。
それぞれみんなの健康と家の繁栄を願って行なわれる行事です。いつまでも残して行きたい伝統です。