お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

意外と知らない植木鉢のイロハ②

色、形、素材。店頭には様々な植木鉢があり、目移りしてしまうことが多いもの。植物の色や形、置く場所の雰囲気などに合わせ選ぶのはなかなか難しいものです。植木鉢イロハをお送りする2回目。植木鉢の素材別メリットとデメリットをまとめました。今回はプラスチック素材の鉢についてお送りします。

|安い・軽い・丈夫の3拍子

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/394570?title=寄せ植えの花−3(ハンギングバスケット)&selected_size=s

私たちが最も利用する植木鉢といえば、プラスチック製の鉢でしょう。お店から植物を購入した際のものに、そのまま植えているという方が多いかもしれません。プラスチック鉢の良い点は、まず軽いこと。植木鉢だけの重さであれば気になりませんが、その中に土を入れ植物を植えとなれば、大きい鉢になればなるほど重くなるもの。軽い点はハンギングにも最適といえます。また落としたりぶつけたりしても、壊れにくい点も特徴。そして何よりも安く手軽に購入できるのがメリットではないでしょうか。

|通気性が悪く夏は高温に

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/546811?title=ガーデニング%E3%80%80鉢植え2&selected_size=s

プラスチック鉢のデメリットは、通気性が悪く鉢の中が蒸れやすいため、根腐れを起こしやすいこと。また熱を伝えやすい素材なので、夏場は鉢の中が高温になりやすく、アスファルトに直接置くと植物にダメージが大きくなります。ラックやスタンドに置くようにしたり、鉢カバーをつけることで、植物を温度変化から守ることができます。

|スリット入りで水はけの問題を改善

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1009689?title=ベランダ園芸&selected_size=s

水はけが悪いプラスチック鉢ですが、この欠点を補うスリット鉢というものも登場しています。鉢底から側面にかけてスリットがあることで、水はけの問題を改善しました。また、一見素焼きの鉢のように見えるプラスチック鉢も増えてきています。どちらかと言えば安っぽく見えがちなプラスチック鉢ですが、最近はデザイン性も高く、色のバリエーションが豊富になってきました。

|まとめ

ベランダ菜園など、プランターで利用していることも多いプラスチック素材の鉢。子供や女性でも軽々と扱え、安価に購入できるのが最大のメリットです。置き場所を工夫したり、適切なタイミングに水やりをすることで、暑い夏でも十分に利用できます。ガーデニングの入門編には最適な鉢ではないでしょうか。