お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

おせちに彩り 〜黒豆〜

おせち料理に欠かせない「黒豆」。
箸休めのような存在ですが、ふっくらとつやつやに仕上げるのはとても難しく、黒い輝きはまさに芸術品です。
黒豆に込められた意味と、豊富な栄養など魅力をたっぷりご紹介します。

|可愛い花

黒豆は大豆の一種で、「黒大豆(くろだいず)」「ぶどう豆」とも呼ばれています。
草丈は50~80cmほどで、夏になると薄紫や薄いピンク、白い花を咲かせます。スイートピーに似た蝶のような形をしています。秋から冬にかけてサヤが付き、中に黒豆がつきます。

|主な産地と品種

①丹波黒(たんばぐろ)
産地:兵庫県、岡山県、京都府、滋賀県など。特徴は極大に分類される大粒で、食感はやわらかく粘りがあり、独特の甘みを持つことから煮豆に向いています。
②光黒(ひかりぐろ)
産地:北海道。特徴は大粒なこと。糖が多いので菓子材料として用いられています。また煮崩れしにくいので煮豆にも向いています。丹波黒の比べて、お手頃価格です。
③玉大黒(たまだいこく)
産地:長野県、北関東、北陸地方。特徴は、長野県の試験場で開発、「丹波黒」に「東山140号」を交配されて作られました。早熟の早生種で、病気に強く栄養価の高い黒豆です。

|込められた願い

黒豆は「壱の重」といわれる一段目に詰めるのが一般的。
黒色は、魔除けの色、悪気をはらう色・不老長寿をもたらす色とされ、黒豆には「健康」「長寿」「厄除け」が込められています。
関西では、ふっくらホクホク甘く煮ることが多く、しわが寄らずに長生きできるように、という意味があります。
関東では、わざとしわができるように煮立てることが多く、しわが寄るまで長生きできますようにという、思いが込められています。

 

|栄養も豊富


黒豆には、大豆同様の「大豆イソフラボン」「食物繊維」「カルシウム」が含まれています。他にも黒豆にしか含まれていない「アントシアニン」は、黒い表皮に含まれています。
眼精疲労や視力回復に良く老化を抑える働きもあります。アンチエイジングの効果も期待できます!

|まとめ

「まめに働く」などの語呂合わせからも、おせち料理には欠かせない料理。また祝い肴三種(黒豆、数の子、田作り)のひとつとされ、祝い肴と餅さえあれば「最低限のお正月のお祝いができる」と言われています。
今では、結構贅沢な三種ですよね。
今年も黒豆を食べて、まめに働く事を心がけようと思います。