お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

植物と冬の話③〜樹木の冬越し〜

植物と冬の話をお届けする第3回目。太陽の光を浴び、葉で養分を作り生きてる樹木。秋になると赤や黄色に葉は色づき、冬が近づくにつれてその葉は落ちてしまいます。養分を作る葉をなくしたのに、どうして樹木は冬に生きていられるのでしょうか。

|樹木の落葉は休眠の形

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/717108?title=冬の木の枝&selected_size=s

前回植物の休眠についてお話ししましたが、実は樹木の落葉もまた休眠の形のひとつ。夏の間に葉に貯めた大事な養分を、枝や樹皮に移動させ葉を落とすのです。秋の紅葉もこの養分の移動が要因といわれています。日照時間が短くなる冬は、葉で養分を作るには効率が悪いもの。それまで蓄えた養分を枝や樹皮に委ね、落葉することで樹木は冬の眠りにつくのです。

|寒さと雪から身を守る

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/144465?title=雪景色&selected_size=s

落葉する理由はほかにもあります。冷たい乾燥した風が吹くと、葉を通して水分を失ってしまうこと。また葉があると雪が降り積もりやすくなり、枝が折れてしまうこと。寒さや雪から自らの身を守るために、樹木はその佇まいを変化させているといえるでしょう。雪の降る地域では落葉樹が多く、雪の降らない地域では常緑樹が多いのはこのためです。

|落葉しない針葉樹の理由

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/892886?title=雪景色のトレイル&selected_size=s

しかしマツやスギなどの針葉樹は、寒い地域にもよく見られます。針葉樹はどうして冬の間も葉を落とさずに生きていられるのでしょうか。一般的に針葉樹の葉の形は細長く表面積が小さく、葉の表面がワックスで覆われており、水分の蒸発を防ぐ形状になっています。また針葉樹は他の植物に比べて、水を吸い上げる導管と呼ばれる器官が発達しておらず、幸運にも凍結しにくいという特徴を持っているのです。

|まとめ

私たちを楽しませてくれる秋の葉の色付きは、冬を迎えるにあたっての準備であり、落葉は寒い冬を生き抜くための形。樹木もまた冬越しのために、形態を変化させ対応しているのです。今、冬の樹木も力を蓄えて、春を待ちわびていることでしょう。