お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

日本の秋の風物詩 柿

田舎家のわきに柿の実がたわわに実っている…そんな日本の秋の風物詩に登場する柿の木。果実として食用にする柿ですが、秋の風情を表現するアレンジに使ってみたい花材でもあります。そんな柿についてご紹介したいと思います。

|柿の花

柿の雌花

出典元:http://kingstone3.seesaa.net/article/385978665.html

柿の花の開花期は5月頃です。花は目立たず品種によって雌花、雄花と分かれているものと両性花のものとがあります。写真は雌花です。花の終わり頃になるとポトッと音をたてて落ちます。この頃の季語として「柿花落」ということばがあるくらい落ち具合が印象的です。

|果物としての柿

柿の果実

出典元:http://ahodara.seesaa.net/tag/%8A%60

柿はもともと中国が原産で、国内では「古事記」や「日本書紀」に記述があることから奈良時代には渡来していました。柿の甘みは強く古来お菓子がわりに人々に親しまれてきました。

|干し柿

干し柿

出典元:http://plaza.rakuten.co.jp/cafelemon/diary/201212010001/

干し柿は平安時代からすでに作られていたようです。平安時代の「延喜式」に記録されている他、干し柿を献上したという平安時代の木簡が残されています。

|アレンジの花材として

柿のアレンジ

出典元:http://www.seika-cb.jp/works/view/523

実の存在感がありますので、実を主役に花を引き立て役として花材選びをした方がよいでしょう。柿の色づいた葉などを用いるとその風情とともに秋の紅葉の華やかさが表現できます。

|まとめ

古くから果実として日本で親しまれている柿。それだけ長い間日本人の生活に浸透しているものですから、食用としてもちろんですが、文化としての柿の側面を知ることも興味深いものがあります。