お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

植物と冬の話①〜寒さ対策〜

寒さが増す毎日。人間はあたたかな冬の衣服をまとい、暖房などで体を温め過ごしますが、植物はどうでしょうか。今回から5回にわたって、植物と冬をテーマにお話していきたいと思います。庭やベランダで花を育てている人、また室内で観賞植物などを楽しんでいる人、植物の寒さへの対策は行っていますか。第1回目は、植物への寒さ対策についてお送りしていきたいと思います。

|室内に取り込む前に害虫に注意

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/752523?title=ほんわか暖かい窓辺&selected_size=s

庭やベランダの植物、気温が低くなった時に行う一番の寒さ対策といえば、植木鉢を室内に入れるということでしょうか。その際に気をつけておきたいのは、害虫対策をしてから室内に取り込むということ。確かに暖かな室内は植物にとっては快適ですが、植物についた害虫にとっても同じこと。室内に取り込み活動が活発になることもあります。また室内において窓辺は日中は暖かいのですが、夜間には気温がぐっと下がります。時間帯によって場所を移動させる工夫も必要です。暖房の風が直接当たらない場所に置くことも心がけましょう。

|発泡スチロールやビニールを使って

出典:https://www.photolibrary.jp/img39/3038_110330.html

寒さに弱い外の植物を全て室内に取り込めればいいのですが、なかなかそんなスペースがない場合が多いもの。外に置く場合でも鉢カバーや発泡スチロールを利用して、鉢を覆うだけでも寒さ対策になります。棒を立ててビニールをかければ温室になります。日中はビニールを開け日光を取り入れ、夜は閉めるだけでもかなりの効果があります。

|マルチングで保温と乾燥対策を

出典 :https://www.photo-ac.com/main/detail/1063506?title=バークチップのマルチング&selected_size=s

庭に地植えしている植物には、根元の部分にマルチングを施すのが有効です。敷きわらや落ち葉、腐葉土、ウッドチップなどのマルチング材を利用することで、寒さと同時に乾燥を防ぐ効果もあります。また秋に植えたばかりの小さな苗などには、ペットボトルをカットして何箇所か穴をあけたものをかぶせると、保温効果とともに風や雪から苗を守ることができます。

|まとめ

冬は水やりのタイミングにも注意を払いたいものです。夏場は、朝と夕方に水やりが鉄則でしたが、気温が低い冬場には根が凍ってしまいます。ベストな時間帯はお昼前頃でしょうか。気温が十分に上がった頃に行いましょう。