お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

日本を代表する植物キク

秋季に多弁の花を咲かせます。天皇家の紋章となり、日本国の国章に替えられてもいる、日本を代表する花です。花の色・形など品種が豊富にあります。観賞用に広く栽培されていますが、食用にもなる菊の花です。さらに、長生きの薬と信じられても来ました。

|特徴

キク

キク


大きさにより大菊・中菊・小菊と大別されています。古くは中国から渡来したとされ、江戸時代には改良が進み種類が非常に多くなりました。キク科キク属の多年草の総称で茎は硬く、葉は卵形で多くの切れ込みがあります。

|開花の時期が違う種類

キク2

キク2

一般的に出回っているのが、秋に花が咲く、キク科の多年生植物ですが、開花期に分けて呼び名が違います。10~11月にかけて咲く秋ギク、6~7月に咲く夏ギク、12月以降に咲く寒ギクという分け方をすることもあります。

|育て方

キク3

キク3

腐葉土や赤玉、ゴロ土を混ぜた通気性の良い土を使います。キクは病気になりやすいので、植え替えするときは新しい土を使いましょう。

さし芽をした方がきれいに咲きます。春、新芽を摘んで新しい鉢に挿します。

|食用としての楽しみ方

出典:https://www.flickr.com

出典:https://www.flickr.com

キクは観賞用だけでなく花びらを食用とする品種もあります。食用菊は東北地方の特産で、新潟の方では食用の菊の花は秋の味覚として親しまれています。天ぷらにしたり、酢の物や和え物といろいろ楽しめそうです。

|まとめ

地植えにしたキクは放置していても、春に新芽が出て秋に花が咲いてくれるので、育てやすい植物です。その他に、キクの花で衣装部分をこしらえた菊人形は秋の行楽地や観光地でよく見かけます。このように、キクの花の楽しみ方はいろいろあるようです。