お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

派手ではないけど清楚なエビネの魅力

欄の愛好家にとっては魅力のあるエビネ。色、型などの種類は豊富にあります。

地表近くにある根茎が海老が連なっているように見えるので、エビネと呼ばれるようになった様です。

|エビネの別名

出典:https://commons.wikimedia.org/

出典:https://commons.wikimedia.org/


和名もエビネ。その他の名前としてジエビネ、エビネラン、ハックリ、カマガミソウ、スズフリソウなどとも呼ばれています。

エビネの仲間には春咲き種と夏咲き種があり、春咲きエビネの代表がジエビネとも言われています。

|生息地

出典:https://www.flickr.com/

出典:https://www.flickr.com/

かつては各地の低山に普通に見られた常緑のラン科の植物で、落葉広葉樹林の落ち葉が厚く積もった場所に生え、群生していました。樹木の下の柔らかい日が差し込む樹林下に自生しています。

|和でも洋でも美しい~

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/


山野草として、庭植えで楽しんだり、和の印象を与えるオモト鉢、観音鉢などを使用し鉢植えで日本的なイメージで楽しむことができます。また、切り花として、ガラスの器などに入れると洋風なイメージを楽しむことができます。

|ブームはいつから?

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/

エビネは今から約30~40年前、山野草栽培の大ブームがあり、一般の人にも広く知られるようになりました。このときは山から採取してきたエビネを山野草の一つとして鉢や庭に植えて楽しむことが主流でした。また、珍しい個体ばかりを好んで収集し、特別な鉢に入れて、楽しむ人も多くいました。

|まとめ

エビネ独特の価値観や鑑賞の仕方、また栽培方法も確立され、それに熱烈な収集家が同調する形で東洋ラン的な植物として、全国に広がっていきました。 寒さには比較的強いですが、霜に当たると霜焼けで葉が黒く枯れてしまうので気をつけて楽しみましょう。