お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

秋から冬へ〜赤い実のなる木⑤〜

赤い実のなる木と題してお送りしてきたシリーズの最終回は「ナンテン」です。赤い実がなる木といえば、真っ先に思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。日本や中国に自生し、古くから庭木として親しまれてきました。これからの季節はもっとも見頃を迎え、縁起物としても活躍の場が多い樹木です。

|庭木としての古い歴史

出典:https://www.photolibrary.jp/img238/150938_1781691.html

ナンテンはメギ科の常緑低木樹。中国では「南天竹」「南天燭」と呼ばれており、日本名は簡略化したものです。夏には白い花が咲き、11月から2月にかけて赤い実を楽しむことができます。庭木としての歴史が古く江戸時代から品種改良が盛んでした。丈夫な性質ですが、半日陰の少し湿った場所を好むナンテン。和風庭園ではなくてはならない存在です。

|災いや穢れを祓う縁起物

出典:https://www.photolibrary.jp/img238/150938_1781683.html

ナンテンは「難を転ずる」として、古くから縁起の良い木として愛されてきました。災いや穢れ除けのために、玄関先によく植えられています。これから年末年始にかけては「難を転じて福をなす」ということで、福寿草とともにお正月飾りに使われることが多いでしょう。

|防腐効果や薬としての活躍

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/412361?title=赤飯&selected_size=s

お正月だけでなく初節句や七五三などのお祝い事の際には、赤飯の飾りとしてよく用いられるナンテン。縁起物としての語呂合わせというだけではありません。ナンテンの葉には防腐作用があることが科学的に証明されています。また喉の薬としてもよく知られていますね。縁起物というだけでなく、様々な場面で私たちの生活に溶け込んでいるのです。

|まとめ

赤い実のなる木の話いかがだったでしょうか。秋から冬へ季節が移りゆき花が少なくなる中で、私たちの目を楽しませてくれる赤い実のなる木。緑の葉と赤い実のコントラストは、クリスマスカラーでもあると同時にお正月に彩りを添えてくれます。寒さが増す毎日ですが、赤い実をみるとどこかほっこり温かな気持ちになりますね。