お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

ツワブキとツワブキの花

丸い大きな葉を持つツワブキは、常緑性の植物です。日当りの斜面で秋になると菊の花に似た黄色い花を付けます。葉の色の種類が豊富なため鉢植えの寄せ植えにしても楽しめます。

|特徴

出典:http://photozou.jp/photo/show/18132/191873522

出典:http://photozou.jp/photo/show/18132/191873522

ツワブキは海沿いの草原や崖、林で見られる常緑の多年草です。葉は肉厚でつやがあり、円くて直径20cm前後あります。新芽は茶色の綿毛に包まれていますが、成長につれて取れていきます。地下には短い根茎が連なり、大きな株になります。花は株の中心から茎がのび、先端にキクに似た、花径3cm前後の黄色い花を咲かせます。

|種類が豊富

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

斑入りや八重咲き、丁字咲きなどのいろいろな種類が栽培されています。花色も黄色のほか、クリームホワイト、朱色、レモン色などの豊富にあります。秋に咲く花を楽しむだけではなく、斑入りや獅子葉など葉も変化に富み、1年中庭に彩りを添える植物として古くから親しまれています。

|由来

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki

長い軸を持った葉っぱはフキに似ており、その表面はつやつやしていて光沢があるところから、「ツヤのあるフキ(蕗)→ツヤブキ」が転じて「ツワブキ」となったと言われます。ツワブキを漢字で書くと「石蕗」と書きます。古くから親しまれている植物だけに、地方ごとの呼び名もたくさんあります。また、島根県の津和野は「ツワの多く生える場所」が語源となっている、と言う説もあります。

ツワブキの美味しい旬

出典:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/

出典:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/

ツワブキはふきと同じように春の食材として九州などで、食されています。若葉がぐんぐん出てくる3月から4月に最盛期を迎えます。食べ頃の旬もその頃3月から4月となります。やわらかく、美味しく食べられるのは産毛がびっしりと付いている新しい新芽だけです。

|まとめ

ツワブキはキク科ツワブキ属の多年草です。その外観などから石蕗(イシブキ)または艶葉蕗(つやばぶき)とも呼ばれています。フキは夏に葉を広げるのに対し、このツワブキは常緑性で一年中青々としています。そのため、観葉植物としての方が知られているかもしれません。