お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

森の中のコケアート

巷では「コケ女子」が静かなブームを呼んでいるようです。コケを愛する女子たちのことですが、コケを観察していると森の中にいるような空気感に包まれてくるようです。

|コケテラリューム

コケアート

コケアート

これまではコケは盆栽の鉢土に貼られているイメージが強かったのですが、今ではコケを主役に瓶に詰めたりしてコケのアートを楽しむ人が増えてきています。光の少ない環境で育つので、仕事場の机においても楽しめるのではないでしょうか。

|育ててみましょう~

スギゴケ

スギゴケ

自分で育てるのなら下処理された栽培品を使いましょう。山林から採ってくることはNGです。栽培品は清潔で、育てやすいです。優しい光が当たる場所を選んで置くといいです。

 

|苔むす森

苔

都心からそう遠くない森の奥へ進んでいくと、まるでジブリの世界が広がっています。コケの表情もそれぞれ…ふわふわしたわた状のものが倒木の上に生えていたり、ツンツンした形状のものだったりと森の中はコケのアートができています。

|大切にしたい環境

駒が池

駒が池

国歌「君が代」に「コケのむすまで」と歌われています。コケといえば、山や渓谷、古いお寺や神社にあるものイメージですが、実際、コケが自然な形で成長するには早くても十年以上もの歳月を必要とします。コケの育っている森の環境は大切に守っていかなければならないですね。

|まとめ

街の中でも、コケは見つけることができます。時には他の植物に悪影響を及ぼすものもありますが、コケが育つ環境は人が心地よいと思う温度、湿度です。それだけに人はコケに癒されるのかもしれませんね。