お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

次々と咲き続けるジニア

ヒャクニチソウという名前で、昔ながらの盆花や供花のイメージが強い花ですが、最近はジニアと可愛らしい名前で呼ばれて花壇やコンテナなど、ガーデニング素材として人気があります。和名はヒャクニチソウ(百日草)キク科のヒャクニチソウ属(ジニア属)です。

|ジニアの特徴

出典:https://pixabay.com/ja

出典:https://pixabay.com/ja

ジニアはヒャクニチソウ、つまり「百日草」というだけあって開花の時期が長く、次々と咲き続けます。春にタネをまけば5月~11月上旬ごろまで楽しむことができます。花色も白,赤,ピンク,オレンジ,黄,緑,複色など豊富です。

|ジニアは繊細なお花

出典:https://pixabay.com/ja/

出典:https://pixabay.com/ja/

夏の頃のジニアは水切れをおこしやすくなりますので、しっかりと水をあげましょう。夏場に気を抜いて水が切れると葉っぱが非常に見苦しいことになります。 逆に水をやりすぎてしまうと根腐れすることがあります。しかし、次々と咲くのであんまり気にしないでもいいかもしれません。

|ジニアは太陽が大好きなお花

出典:https://pixabay.com/ja

出典:https://pixabay.com/ja

ジニアは太陽が大好きなお花です。とにかく日当たりを好みます。日光が不足すると花つきも悪くなります。真夏でも暑さで枯れることはなく、心配もありません。 花が一通り咲いた頃に、刈り込んであげると、脇芽が出てきて、更に大きな株になります。

|名前の由来

出典:http://www.publicdomainpictures.net/

出典:http://www.publicdomainpictures.net/

ジニアの学名はジニア・エレガンス(優雅)という名前を与えられています。ドイツの植物学者であるヨハン・ゴットフリート・ジンを記念した名前です。メキシコから1769年にヨーロッパに伝えらましたが当初のジニアは一重の赤紫で小輪であったことから、ヨーロッパではあまり人気はありませんでした。現在では改良も加わり、花色も黄色、白、ムラサキなど幅広く、大きさも様々あります。

|まとめ

和名の百日草は百日もの長い間、楽しめることから来ています。実際は100日以上咲きます。 アメリカでは「Youth-and-old-age(若さと老年)」とも呼ばれています。これは花が長く色を保ち、若々しくあることをあらわしているともいわれます。次から次に咲いていくジニアは庭で眺めたり、切り花としても室内で楽しめたりと利用価値のある花です。