お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

秋の初めを華やかに彩る ヒガンバナ

田の畦道や、野に自生していて、緑一色を背景に、真っ赤な花火のような花が、まっすぐな茎の上で咲いている姿は、とても印象深いものです。

|秋の風物詩

公園

公園

ヒガンバナ科(ユリ科に分類されることも)の多年草です。日本、中国に広く自生していて、8~10月に赤い放射状の花を咲かせます。何百という品種がありますが、日本ではそんなに流通していません。群生するので、その景観は見事なもので、真っ赤な景色はまさに秋の風物詩です。

 

|千を超える別名

公園

公園

ヒガンバナほど別名の多い植物は、ほかにありません。方言を合わせると1000以上もあるとか。代表は、曼殊沙華ですが、幽霊花、死人花、などあまり縁起の良くない名前が多いです。球根に毒があること、葉は出ず花だけがニュッと咲くのが不気味だったのかもしれませんね。リコリスも別名ですが、これはいろんな色が出回っています。

|花は葉を見ず葉は花を見ず

庭

「花は葉を見ず、葉は花を見ず」、花後に葉が伸び、冬、春は枯れ、秋に花だけが出てくるので、こんな言葉が出来ました。秋のお彼岸、秋分の前後に咲くことから、名前が付いています。花言葉は、「再会」「諦め」「独立」「転生」「悲しい思い出」などがあります。

|まとめ

球根に毒があるので、モグラやネズミ除けに、田の畔や墓地に植えられることが多く、不吉な花として、家へ持ち帰ると死人が出る、などの迷信があり、悪いイメージでしたが、今では家に植える方も多いようです。しかし、贈り物の花として使われることは滅多にないようです。