お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

赤く燃えるヒガンバナ

秋のお彼岸近く、赤く燃えるようなヒガンバナはとても印象的です。人里近い堤防や田んぼのあぜ道で多く目にします。このような不自然さから想像すると、ほとんどが人の手で植えられていったものであり、完全な自生というのはないようです。

|彼岸花は管理のしやすい植物

出典:http://photozou.jp/photo/show/2985380/211609256

出典:http://photozou.jp/photo/show/2985380/211609256

彼岸花類の野生種、園芸種を総称して、園芸上はリコリスと呼んでいます。彼岸花類は、毎年、種から生長する一年生の植物と異なり、球根で繁殖を続ける多年生の植物です。放任していても球根が自然分球でどんどん増えていき、毎年よく咲いてくれますから、比較的管理のやりやすい植物だといえます。

|花言葉と別名

出典:https://www.flickr.com/photos/pfjk/5025234051

出典:https://www.flickr.com/photos/pfjk/5025234051

花言葉は「悲しい思い出」「あきらめ」などといった明るい花言葉とは縁遠いです。別名は「マンジュシャゲ」のほか、「ユウレイバナ」とか「シビトバナ」、「ハカバナ」、「カジバナ」など、全国各地の地方名をあわせれば1000種類ほどあるそうです。それぞれの呼び名から、人々の思い入れや関わりあいが伝わってきます。

|昔神話

出典:https://www.flickr.com/photos/tanaka_juuyoh/5028813776

出典:https://www.flickr.com/photos/tanaka_juuyoh/5028813776

ヒガンバナの有毒性や悪臭を利用して、モグラやネズミなどから田んぼのあぜ道を守る目的で植えたともいわれています。田畑の作物を守るためにあぜ道にヒガンバナが多い理由の一つです。お墓にヒガンバナが多いのも、異臭や有毒性を利用して遺体を動物から守るためだそうです。

|彼岸花の特徴

出典:https://pixabay.com/ja/

出典:https://pixabay.com/ja/

彼岸花の花は初秋の頃いきなり茎が伸びた先に真っ赤な花をつけるのが特徴です。花のある時期に葉はなく、葉のある時期には花がありません。 一般的な花の生態とは逆で、彼岸花は花が咲き終わった後に葉が伸びて、春には枯れてしまいます。茎の先端に花だけがあり葉がなく、花と葉を一緒に見ることがない性質から「葉見ず花見ず」とも呼ばれたりします。

|まとめ

お彼岸の時期に合わせて、花を咲かせる真っ赤な彼岸花は、独特な美しさがあります。海外では、彼岸花の咲く姿がクモに似ていることから、英語で「レッドスパイダーリリー」と呼ばれています。日本での別名「曼珠沙華」は、天界に咲く花という意味で、仏教ではおめでたい花として名前が付いています。真っ赤な花が集まって咲いている風景は圧巻です。