お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

花色豊富な宿根フロックス

花が美しいので、観賞用として非常にたくさんの種類があり、花色、草姿、形態が様々です。ここでは宿根タイプを取り上げてみます。

|とても長い花期

庭

アメリカ原産のハナシノブ科です。北米を中心に67種が分布しています。フロックスには多年草や、一年草があり、6~9月まで長く咲きつづけるので、真夏の花の少ない時期にとても貴重です。いくつかの多年草を総称して、宿根フロックスと呼びます。丈は60~120cmくらいです。

 

|白粉のような匂い

庭

別名をオイランソウといいますが、華やかな花姿が花魁になぞらえられたとも、香りが花魁がつける白粉の匂いと似ているから、とも言われます。また別名クサキョウチクトウと呼ばれるのは、葉や花の形が夾竹桃に似ているからです。花色は、白、ピンク、赤、覆輪など多彩です。

 

 

|うどんこ病に注意

庭

葉や茎が、白い粉をまぶしたように白くなるのは、うどんこ病です。フロックスはこれにかかることが多いのです。初期なら、白い粉を完全に拭き取ることで防げますが、あとは薬剤しかありません。風通しが悪いとか、日照不足だと、かかりやすいので、良い環境を整えましょう。花言葉は、「温和」「合意の関係」「不活発」「協調」などがあります。

 

|まとめ

日当たりと水はけが良く、風の通る場所が理想ですが、半日陰でもけっこう大丈夫です。背が高くなるタイプは、摘心することで、花房が増えます。花が咲き終わると、花首を切ることで、また脇目から花が咲きます。冬は地上部は枯れてしまいます。