お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

夏に欠かせない薬味 ミョウガ

花も茎も、日本では昔から親しまれている香味野菜です。夏の食べもの、冷ややっこ、そうめんなどに欠かせない薬味です。

|花穂、茎が食用に

収穫

収穫

東アジア原産で、ミョウガ科の多年草です。本州から沖縄まで暖かな場所には自生しています。ショウガの仲間で、夏ミョウガは7~8月、秋ミョウガは9~10月に、開花前の固くしまったものを収穫します。花穂、若芽の茎が食用になります。

 

 

|言い伝えは迷信

ミョウガの葉

ミョウガの葉

「ミョウガを食べ過ぎると物忘れする」という言い伝え、聞いたことありませんか。科学的根拠はないそうです。お釈迦様の弟子で周梨槃特(シュリハントク)は、物忘れの名人でしたが、亡くなった後、その墓からミョウガが生えた、という俗説からきているようです。

 

|高い利用価値

甘酢漬け

甘酢漬け

そうめん、ひやむぎの薬味はもちろん、天ぷらにしてもおいしく頂けます。甘酢漬けにしておくと、保存食になり、ご飯に混ぜると、ミョウガ寿司になります。利用価値は高く、三世紀ころの「魏志倭人伝」にも記録が残っているほど、日本では古くから使われています。

 

|種は市販されていない

https://www.google.co.jp/search?hl

https://www.google.co.jp/search?hl

種は市販されていませんので、春に苗を購入して育てます。株分けで増やしていきます。湿度を好むので、日陰で育てるのがポイントです。深めに植えて、腐葉土で覆うと良いでしょう。乾燥すると枯れてしまいます。

 

|まとめ

密生して、株が混んだ状態では、地中で根が絡み合い、食用の花穂がうまく出てきません。混み合っているところは、茎を切り取りましょう。収穫しないで、そのままにすると白い花が咲きます。花言葉は、「忍耐」があります。