お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

美しい花弁が重なるスカビオサ

スカビオサの和名はマツムシソウ(松虫草)。名前の昆虫のイメージが全くなく可愛らしい一輪の花が夏のガーデンを涼しげに彩ってくれます。

|名前の由来

出典:https://pixabay.com/ja

出典:https://pixabay.com/ja


スカビオサは高原に咲くさわやかな花です。昆虫のマツムシが鳴くころに咲くのでこの名が付いたといわれています。花びらにひだがありユニークな形をしています。茎が細く真っ直ぐにのびた先の青色の花が風に揺れて咲く様子がとても涼しげな印象です。花壇や切り花に多く利用されています。

|スカビオサ(マツムシソウ)の種類

出典:https://pixabay.com/ja

出典:https://pixabay.com/ja

毎年花を咲かせる多年草のものと一度花を咲かせて実を結ぶと枯れてしまう1・2年草のものがあります。花色は紫や青が多く、その他に白や深紅など豊富です。草丈は小さいもので10cmほど、大型種は1mを越し、低木のように茂ります。日本本来のマツムシソウは各地の草地に自生し高原を涼やかに彩る野草として親しまれています。

|美し花を保つお手入れ方法!

出典:https://pxhere.com/ja/photo/1107564

出典:https://pxhere.com/ja/photo/1107564

約80種類が分布しているスカビオサは、草丈が高くなる品種があります。ほおっておくと花の咲く頃に倒れてしまうことにならないように、茎が長く伸びてきたら支柱を立てたり、軽くひもなどで茎を束ねておきましょう。咲き終わった花をこまめに摘み取ってあげると次々と新しい花を咲かせます。また、花がひととおり咲き終わったら茎を半分くらいに切り戻してあげると脇から芽が出てきて再び花を付けることもあります。

|たくさんの苗を増やしてみましょう~

出典:http://photozou.jp/photo/show/262775/224171257

出典:http://photozou.jp/photo/show/262775/224171257

種まきや株分けで簡単に増やすことができます。1・2年草タイプはタネまきで、多年草タイプは株分けやさし芽でふやしてみましょう。
ポットに数粒まいて間引きながら苗を作っていくのが手軽で管理しやすいです。発芽したら元気なものを一本残してほかを間引き、薄めの液体肥料を1週間に1回与え、春に暖かくなったら鉢や庭に植え付けます。さし芽は茎の先端を7~8cmの長さに切り取り、川砂やバーミキュライトに挿します。

|まとめ

暑さが少し苦手なスカビオサは、風通しの良いところに置いて楽しむといいです。花後の姿がくす玉のようでかわいらしく、ドライフラワーや切り花として利用され、最近では少し変わった花の形などのおもしろい園芸品種も出回り始めています。植えたい環境に合わせて花を選んでみてはいかがでしょうか?