お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

たくさんの花を咲かせたいトレニア

トレニアは暑い夏にたくさんの花を次々と咲かせ、耐陰性のある、とても育てやすい植物です。苗を入手するか、タネを春にまいておくと夏から秋に次から次に花をつけてくれます。すみれのような花をつけることから別名夏スミレとも呼ばれて、花色も豊富でカラフルです

|トレニアとは

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/

東南アジアやアフリカに分布する一年草の花。こぼれ種によって、毎年花を咲かせる多年草です。次々に花が咲き、暑さに強いので夏の草花として花壇、鉢、コンテナ植え、寄せ植えなど人気の花です。トレニアの名前の由来はスウェーデンの牧師トレーンの名前から来たようです。

|育て方

出典:http://f.hatena.ne.jp/as365n2/20100921074106

出典:http://f.hatena.ne.jp/as365n2/20100921074106

トレニアは水切れが起きないように注意しましょう。 特に西日が当たる環境では一日2回程度、たっぷりと水を上げることが必要です。土が少々湿っているくらいの状態を好みます。水切れには弱いのですが暑さには強いので、直射日光で葉っぱが傷むということはありません。ときどき 切り戻しをして新しい芽を出させてあげると長く楽しめます。

|トレニアの特徴

7月のトレニア

7月のトレニア

緑色のつぼみから、特徴のある筒状の可愛らしい花をたくさん咲かせます。葉は明るめで比較的小さく、夏の花としては涼しげな葉色です。自然と分枝してこんもり茂りますが、苗が小さいうちに摘心するとさらに枝が増え花つきが良くなります。茎が直立するタイプと這うタイプの品種があります。暑さや湿気に強く花数も減らないので夏のガーデン花の素材にぴったりです。

|花がら摘みの作業

トレニアの花壇

トレニアの花壇

小さくて花数も多いので花がら摘みは大変な作業です。しかし、枯れた花がらをそのままに放置しておくと汚らしく、さらに種ができて栄養がそちらに奪われてしまいます。また、株が蒸れて病気や害虫を引き寄せてしまうこともあります。しぼんだ花は早めに花首から摘み取ってしまいましょう。

|まとめ

小さな花を次から次に咲かせるトレニアは花付きが良いのでガーデニングに人気の花です。花色も豊富にあり長期間花が咲き続けます。株のまとまりも良いので他の花と組み合わせて、グランドカバーとしても魅力がある夏のお勧めの花です。