お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

花の切り戻しのタイミング

すくすく成長した花は、バランスを崩し始める前に切り戻しをしてあげましょう。そうすることによって花が元気になり再びきれいな花を咲かせることができます。切り戻し作業のタイミングを逃さないようにして長く花を楽しみましょう。

|切り戻しのタイミング

ペチュニア

ペチュニア


タイミングは、植物の種類や株の状態によって違ってきますが、暑い真夏は避けた方がいいでしょう。花数が少なくなってきたり、形が乱れ始めたら、切り戻すタイミングです。切り戻さなくても花は咲き続けますが、たくさんの花を長く楽しむために行いましょう。

|インパチェンスの切り戻し

 

インパチェンス

インパチェンス

インパチェンスは、成長が著しい花です。春に植えた株は夏前に姿が乱れ始めてしまいます。そこで、暑くなる前に草丈の1/3~1/2ぐらいの位置で切り、風通しをよくしてあげます。さらに涼しくなり始める8月下旬ごろにもう一度、軽く切りそろえてあげると、秋口まで長く開花します。

|ハーブの切り戻し

バジル

バジル

ハーブは種類によって剪定の時期が違ってきます。特に風通しが必要なハーブは成長して込み合ってきた枝を剪定したり切り戻してあげて常に元気な株にしてあげておきましょう。特に花を咲かせるハーブは切り戻してあげることによって花付きがぐんとよくなります。

|切り戻しと摘心の違い

ハーブ

ハーブ

摘心とは、苗が小さいうちに先端の芽をカットする方法です。花が咲いている状態をカットするのとでは扱いが全然違います。こうすることによって新しい茎がどんどん成長していき葉数を増やしていきます。バジルやミントなどはこの方法が良いです。

|まとめ

綺麗に咲いている花を切り戻したりすることは心が痛みますが、植物にとってはとても大切な作業です。成長に伴い中の葉っぱが蒸れてダメになる前に行う大切な作業だったり、株を大きくするための作業だったりします。長く花を咲かせるためには心を鬼にすることも必要ですね。