お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

食べられる花シリーズ②

食べられる花シリーズ第2弾です。料理のアクセントとしてお皿に飾って見た目も華やかで、さらに食べても美味しく、優れた栄養素も摂取することができるのがエディブルフラワーの特徴です。

|アロエ

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

万能薬として昔からあるのが食用アロエです。美肌作り、日焼けのアフターケア、やけど、すり傷、切り傷などの外用薬として庭先から切り取ってきて身近に使われてきました。口にするとかなりの苦みは感じますが、妙薬は口に苦し…といったところでしょうか。

|バラ

バラ

バラ

エディブルフラワーの中でも最も豊富な食物繊維を含んでいるとされるのがバラです。バラの花は普通に食べられますしジャムにもなります。無農薬の庭で育てたバラの花で作るジャムは特別なものです。甘いバラの香りが、台所中に漂ってきそうです。

|菊

菊

しゃきしゃきとした歯ごたえと、ほのかな香りと甘みがあり江戸時代の始め頃から食べられている日本の伝統的なエディブルフラワーの代表です。

山形県は食用ぎくの生産量が全国1位を占めます。食用ぎくは、植物分類では観賞用の花と全く同じ花で、生け花などに使われる大輪の菊も食べられないことはないですが、苦味が強いものがあります。

|ズッキーニ

ズッキーニ

ズッキーニ

ズッキーニの実は店頭でよく見かけられるようになりました。トマト料理にとても合います。いっぽう、花ズッキーニは日本ではあまり流通していませんが、イタリアやフランスでは一般的な食材です。黄色い花の部分に詰め物をし、揚げたり炒めたりして特有の食感と風味を楽しみます。

|まとめ

私達が古くから食べている花の一つに「菜の花」があります。お浸しにして食べる春の花の代名詞で、ほろ苦い味わいと高い栄養価で知られています。「カリフラワー」や「ブロッコリー」も花のひとつです。つぼみの状態で味わう「フキノトウ」も同様です。普段はあまり花だと意識せずに食べていたエディブルフラワーがこのようにたくさんあることに驚いてしまいます。