お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

古来より薬草として使用されるドクダミ

古来より庶民の味方であり、薬草として重宝されてきた半面、現代では、根絶やしにするのが困難、臭いも独特、と嫌われていたりもします。

|別名は十薬(ジュウヤク)

庭

ドクダミ科の多年草で、原産地は東アジアです。日陰や湿地を好み、地下茎で繁殖し、絶やすのは困難なので、使用目的により植える場所を考えましょう。「十薬」という別名があり、さまざまな薬効があります。

 

 

|昔懐かしい記憶

庭

5~6月に、十字型の白い花を咲かせます。真っ白な花に見えるのは、じつは「苞(ホウ)」、本来の花は、中心の黄色い棒状のものです。花言葉は、「白い追憶」「野生」などがあります。昔、母親に葉っぱをつぶし、傷口に塗ってもらったそんな懐かしい記憶のあるかたもいるかもしれません。

 

|生薬(しょうやく)としての効能

https://www.google.co.jp/search?

https://www.google.co.jp/search?

葉や茎を乾燥させたものが十薬という名前で生薬として売られています。煎じて飲むのですが、利尿、解熱、解毒、動脈硬化予防などの効果があるとされています。ただし、副作用の出る人もあるので、よく注意して服用しましよう。

|まとめ

普通の雑草のように、手で引いても根からは抜けず、地下茎でどんどん繁殖していきます。絶やすには除草剤を使うことになり、他の植物にも影響しますので、軽い気持ちで庭などに鑑賞用では植えない方が無難です。