お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

夏を彩る定番植物④〜サルビア〜

夏から秋の花壇にひときわ映える赤い花といえばサルビアです。公園や道路脇に一面に植えられていると、とても見応えがありますね。実はサルビアにはたくさんの種類があり、その数は900種以上といわれています。その中でもよく目にする赤のサルビアと青のサルビアを中心に、今回はご紹介していきたいと思います。

|燃えるような赤 サルビア・スプレンデンス

出典:https://www.photolibrary.jp/img296/203754_2619256.html

サルビアとはシソ科サルビア属の植物の総称です。一般的には赤のサルビアのことをさすことが多いようですが、正式にはこの赤のサルビアは「サルビア・スプレンデンス」といいます。ブラジル原産で、花の時期は6月から10月。花と同様にガクも色づくため、花が散っても長く咲いてるように見えるのが特徴。赤色のほかに白や紫などの園芸品種もあります。本来は多年草ですが、寒さに弱いため日本では一年草として扱われています。

|涼しげな青 サルビア・ファリナセア

出典:https://www.photolibrary.jp/img107/1697_428591.html

青のサルビアは正式名称「サルビア・ファリナセア」。その見た目の通り「ブルーサルビア」と呼ばれています。こちらは北アメリカ原産の一年草。ラベンダーとよく似ているので、越冬しそうな感じがしますが、寒さには弱い植物です。白の品種もあり「ホワイトサルビア」と呼ばれることもあります。

|ハーブでおなじみ セージ

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/477170?title=チェリーセージ・ホットリップス&selected_size=s

サルビアの中には毎年花を咲かせるものもあり「セージ」という名前がついて流通しています。「チェリーセージ」や「コモンセージ」など観賞のみならず、ハーブとして利用されることが多いようです。いずれのサルビアも咲き終わった花穂は切り取ることで、脇芽が伸びてきます。夏場に花付きが悪くなったら、いったん半分程度まで切り戻すと、秋まで十分に楽しむことができるでしょう。

|まとめ

たくさんの種類があるサルビア。暑い毎日には涼しげなブルーも魅力的。燃えるような赤は夏空にも映え、秋の深まりにもよく似合いそうです。いずれも簡単に育てられるので、夏から秋の花壇の主役にしてみてはいかがでしょうか。