お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

草や木の葉、緑色のわけ

新緑の季節です。太陽に透けた芽吹いたばかりの葉は、美しいだけではなく力強ささえ感じられます。
しかし、何気なく見ている「草や木の葉」、なぜ緑色なのでしょうか・・。
今回は理科の授業みたいなお話しです。一緒に勉強していきましょう。

太陽の影響


透明にみえている太陽の光、じつは紫・青・緑・黄色・オレンジ色・赤などの色がついています。太陽の光が葉に当たると、光の3原色のうち赤色と青色の光は葉に吸収されます。しかし緑色の光だけが反射される為、私たちの目には、反射した緑色光によって葉が緑色に見えているのです。

なぜ緑だけが反射するのでしょうか

その理由は「クロロフィル」が関係しています。日本語で「葉緑素」です。このクロロフィルが太陽の光エネルギーを使って、水と二酸化炭素から炭水化物を化学的に合成、炭水化物と酸素を作ります。この作用が「光合成」です。主に青色光と赤色光が使われる為、葉に吸収していきます。ほとんど吸収されない緑色光は、反射することになります。

 

|季節によって葉の色が変化するのは?

この変化にも「クロロフィル」が関係しています。葉にはクロロフィルの他にもカロテノイドという色素体が含まれています。カロテノイドは青色光を吸収していますが、クロロフィルが元気なうちは表に出て来ません。季節が進むとクロロフィルが分解され光合成の活動も低下していきます。今まで吸収されていた青色光と赤色光が吸収されず、反射するようになります。ここで青色光を吸収していたカロテノイドが表に出てくるようになり、残った緑色光と赤色光が混ざり、深緑色に見えるのです。

|まとめ

「緑」と言っても、薄い緑〜濃い緑まで様々。季節が進むにつれて、緑の色も薄緑色から深緑へと変化していきます。この季節の山の景色は、落葉樹の新緑と常緑樹の深い緑のコントラストが最高です。
ちょっと難しいお話しでしたが、葉の色の変化で光合成の働きや木や草の元気度が分かる・・なんだか面白いと思いました。