お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

私たちを支える木の話〜⑤橅(ブナ)〜

ブナはブナ科の落葉高木で、北海道から九州に分布している樹木です。漢字では「橅」。木偏に無と書くのは「木でありながら木では無い」という意味に由来しています。このようなマイナスイメージの漢字が使われていながら、「森の女王」「森の母」と呼ばれることもあるブナ。この正反対のネーミングの訳は、一体どういうことなのでしょうか。

|ブナの森の豊かな保水力

出典:https://www.photolibrary.jp/img48/7058_148304.html

ブナは木材として、狂いやすく腐りやすいという欠点がありました。それゆえに役に立たない木とされ、木では無いという漢字が当てられたと言われています。一方でブナはその豊かな保水力で、土壌に水を蓄えることができます。人工のダムよりもブナの森の保水力は優れているとも言われ、洪水や土砂崩れを防ぐことができます。またブナの実は、リスやクマなど森に住む動物たちの栄養源。木材としては使いづらいブナですが、自然の生態系を保つためには不可欠な存在なのです。

|高度経済成長期はブナの危機

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/739313?title=ブナ林の黄葉&selected_size=s

しかし戦後日本国内のブナ林は「拡大造林計画」によって、大量に伐採されました。高度経済成長期における建築資材の需要により、ブナを伐採しスギなどの資材となる針葉樹を植える政策です。つまり漢字のとおり「役に立たない木」だと認識されていたわけです。これによって自然のままのブナの森は日本国内で減少し、同じ時期に同じ種類の木が植林された人工林が増加していきました。最近豪雨による土砂崩れの被害が日本各地で多発していますが、ブナの伐採による森の保水力の低下が原因ではないかという指摘もあります。人里にクマが出没するのも、森の餌不足と考えられており、ブナの森の伐採が無関係とはいえないような気がします。

|ブナの原生林世界遺産白神山地

出典:https://www.photolibrary.jp/img35/7703_97829.html

近年はこのブナの森の力が見直され、保護の動きが出てきています。青森・秋田両県にわたる白神山地は、世界最大級のブナの原生林です。大規模林道建設が計画されたこともありましたが、保護運動の高まりにより計画は中止となり、世界自然遺産に登録されました。原生的な自然がそのまま残り、貴重な動植物の宝庫となっています。また山の水が海に流れ、魚の餌となる植物性プランクトンを生み出し、豊かな漁場を形成していく。そのためにはブナをはじめとする落葉広葉樹が欠かせない存在なのです。

|まとめ

5回にわたり「私たちを支える木」と題しておおくりしましたが、いかがだったでしょうか。それぞれの木には個性があり、その素晴らしい能力で私たちに恩恵を与えてくれます。資材としての一方的な利用ではなく、自然の恵みを受けるということを常に思い、共存していく姿勢がこれからの私たちに求められることののかもしれません。