お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

春の気になる木「朴の木」

朴の木・・“ほおのき” と読みます。
北海道から九州まで各地の山地に自生するモクレン科の落葉樹で、幹が直径1m、高さが30mにもなる落葉高木です。
とにかく大きい「朴の木」、人々の暮らしにも大きく役立っています。

|大きな葉は器として

大きな葉の表面は緑色、裏面は灰白色を帯びた緑色、周りは波打ったようになっています。大きさは20~50cm。日本に自生する広葉樹の中で一番大きく、昔は食物を盛る食器として用いらていました。名前の「朴の木(ほおのき)」は、大きな葉を器代わりにした事に由来し「ほお」は「包(ほう)」から来ています。
現在でも「朴葉(ほうば)」と呼ばれ殺菌効果があることから、朴葉寿司や朴葉餅などに使われ、また火にも強いことから、朴葉味噌や朴葉焼きといった郷土料理に使われています。

|幹は材として・皮は漢方薬に

朴の木材はとても優秀で、身の回りの物に使われています。例えば、まな板・額縁・定規・鉛筆・下駄・ラケットなど。他にも、ピアノの鍵盤・太鼓のバチなどにも用いられています。
樹皮は「厚朴(こうぼく)」という漢方薬に使われ、腹痛に効果があると言われています。またシミの元を抑制する効果もあるので、美白効果も期待されています。

|花の香で癒されます

春から初夏にかけて、新緑の中に杯形のクリーム色の花を咲かせます。直径15~20cmほどの大きさで、花びらは8〜9枚萼片は3枚あります。ほのか甘い香りがします。朴の木の花の精油も販売され、生活に癒やしを与えてくれます。
花言葉は「誠意ある友情」。


|実は苦い

朴の木の果実はとても良い香りがしますが、苦味が強いので生で食べる事はあまりしないようです。和厚朴実といい、樹皮と同じく漢方薬として健胃剤や腹痛薬になります。

|まとめ

朴の木には、強い他感作用(アレロパシー)があります。アレロパシーとは、他の植物の生長を抑えたり虫を寄せ付けない物質を出す作用のことを言います。その為、朴の木の下は雑草や低木が少なくスッキリしてとして、木陰を作ってくれています。山に出かけて涼しみたい時は「朴の木」を探して見ましょう。