お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

ヤマブキは黄金色

以前にもご紹介した「やまぶき色」の語源となっている花「ヤマブキ」。春になると深みのある黄色の花を咲かせます。
名前の由来は、細い枝が風になびく様子から「山振り(やまぶり)」と呼ばれ、それが転訛したという説と、春になると黄色い花で山が埋めつくされる様子の「山春黄(やまはるき)」が略されて「ヤマブキ」に変わった、という説があります。
昔から日本人に馴染み深い「ヤマブキ」、違った目線でご紹介します。

|基本は一重咲きの「ヤマブキ」

原産地は、日本と中国で、国内では北海道から九州までの低い山などで見ることが出来ます。
開花時期は4〜5月。花は直径約3~5cm、花びらは5枚の一重が基本です。葉っぱはギザギザになっています。秋になると小さな実を付けます。
落葉低木ですが、木と呼ばれるわりに茎は細く柔らかで、風が吹くとゆらゆらとなびきます。

|実をつけない「ヤエヤマブキ」

庭園や庭木として人気の「八重山吹(ヤエヤマブキ)」は、雌しべが退化して花びらに変わってしまっているので、普通は実を付けません。
そのことから有名なエピソードがあります。室町時代の武将、太田道灌(おおたどうかん)は、突然のにわか雨にあい農家で蓑(みの)を借りようとしました。娘が出てきて一輪の山吹を無言で差し出しました。蓑を借りようとしたのに花を出されて道灌は内心腹を立てます。この話を家臣にしたところ『後拾遺和歌集』の「七重八重 花は咲けども 山吹の実の一つだに なきぞ悲しき」の歌に掛けて、”貧しい我が家には、蓑(実の)ひとつ持ち合わせがない” と、歌に託した娘の心情だと教えられたのです。娘が渡した山吹は八重、実を付けません。道灌は、歌を知らなかったことを恥ずかしく思い、歌人として精進したのです。

|黄金色といわれる理由

ヤマブキの花言葉は「気品」「崇高」「待ちかねる」「金運」です。
「金運」という花言葉が付けられた理由は “谷底に落とした金貨が山吹の花になった” という伝説があることから。また江戸時代の隠語では「賄賂(わいろ)の小判」が『山吹(ヤマブキ)』や『ヤマブキ色のお菓子』と呼ばれていました。別名『黄金色(こがねいろ)』とも呼ばれるようになった理由はここから来ているようです。

|まとめ

白い花を咲かせるヤマブキもあります。名前は「シロバナヤマブキ」といい、少し黄色みかがった白色をしています。
葉が揃ってから花を咲かせるため「待ちかねる」という花言葉もついています。昔の人は自分の思いをこの花に託したのでしょう、ヤマブキは古歌にも多く詠まれています。