お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

気品あふれる 〜モッコウバラ〜

「モッコウバラ」とは、中国原産の白色と黄色の花を付ける「つる性のバラ」です。日本には江戸時代に黄色の八重咲き品種が渡来しました。和名の「モッコウバラ」は、インド原産の植物からとれる芳香剤「木香(モッコウ)」の香りに似ている事に由来していると言われています。初夏にかけて見頃を迎える「モッコウバラ」をご紹介します。

|優しい黄色

花の大きさは2〜3cmほど。4〜5月にかけて小さな花が房状に十数輪ずつ咲きます。真っ黄色ではなくクリーム色に近いので、花の数の割に優しいイメージになります。バラの欠点である病虫害や耐寒性・耐暑性に強く、とても育てやすいのが特徴です。一重咲きと八重咲きがあり、八重咲きには匂いがありません。
黄モッコウバラは秋篠宮第一女子眞子内親王のお印としても有名です。
花言葉:「純潔」 「あなたにふわさしい人」「初恋」「幼い頃の幸せな時間」

|白く可憐

白いモッコウバラは、黄色が終わる頃に咲き始めます。こちらは匂いがあります。花数は少なめですが、その分、緑も一緒に楽しむ事が出来ます。こちらも一重咲きと八重咲きがあります。
他の花と合わせて植える場合は、白のモッコウバラの方が馴染みやすいようです。

|アーチやフェンスに

モッコウバラは、細く柔らかいツル、成長が早いといった特徴からアーチやフェンスに仕立て易く、初心者向けと言えます。常緑なので、花が終わったあとでも目隠しとして役立ちます。ただしこまめに剪定しないと、あっという間に茂ってしまいますので要注意です。

|まとめ

最初の数年は花をあまり付けません。待ち遠しい春の時期なのに、ガッカリしてしまうかもしれません。しかし気長に育てていくと旺盛に育ちたくさんの花を咲かせます。そしてトゲがほとんど無いもの嬉しい特徴です。子供のいるご家庭でも安心して育てる事が出来ます(種類によってはトゲがある場合があります)。色々な姿に仕立て、理想の庭にしてみてはいかがでしょう。