お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

ゴールドの葉が美しい「ヨーロッパゴールド」

ヨーロッパゴールドは、北アメリが原産の常緑針葉樹です。庭木、鉢植え、生垣に使われます。季節によって葉の色が変わるのが特徴です。

|ゴールドの葉色を持つ

ヨーロッパゴールド

ヨーロッパゴールド

ヨーロッパゴールドは名前に「ゴールド」が付入っているように、ゴールドの葉色を持ちます。そのゴールドも季節によって少し色合いが変化して、春は黄金色、夏は黄緑、秋から冬にかけて少しずつ褐色の入った黄金色になります。

|日当たりの良い場所へ

ヨーロッパゴールド

ヨーロッパゴールド

ゴールドの葉を持つヨーロッパゴールドは、日当たりを好みます。半日陰でも育ちますが、ゴールドの葉が付きません。春夏は緑色の葉になり、秋冬は茶色のような色合いになります。ゴールドの葉を楽しみたいときは、日当たりの良い場所へ植えましょう。

|乾燥しすぎに注意する

ヨーロッパゴールド

ヨーロッパゴールド

水はけの良い場所を好むヨーロッパゴールド。水やりは土が乾いたらたっぷりと行います。植え付けて2年未満の場合は、水切れしやすいので土の状態を見ながら水やりをしましょう。また、鉢植えで育てているときは、特に乾燥しますので注意します。

|まとめ

「ニオイヒバ」の別名を持つヨーロッパゴールドは、香りが良いのも特徴です。柑橘系のオレンジのような香りがします。お庭に植えて、色合いと香りを楽しんでみませんか。ヨーロッパゴールドは、大きいものだと5~7mくらいになります。剪定をしながら、お好みの高さに仕立ててくださいね。