お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

スタンド花配達専門サイト 開店祝い.com 当日配達可能! 全国送料無料! 開業・開店・コンサート・劇場・ライブ・展示会・パーティーなどに、お祝い花・スタンド花を贈ってみませんか?

お花に関するまとめコラム

注目の飲み物「チャイ」って?

インド料理のあとにいただくお茶の定番といえば「チャイ」。
最近は、コーヒーなどと同じようにインスタントなど自宅で手軽に楽しむことができるようになりました。
そんな「チャイ」の原料などなど・・調べてみました。

|お茶の葉が原料

「チャイ」は紅茶と同じ「発酵茶」、色は赤褐色でとても香り高いのが特徴です。
摘まれたばかりの茶葉を十分に発酵を行って作られるお茶です。

|紅茶との違い〜歴史〜

同じ発酵茶なのですが、使われる部分に違いがあります。
チャイが一般的に飲まれるようになった19世紀。イギリスの植民地であったインドでは、イギリスに出荷するための茶葉を作っていました。良質な茶葉はイギリスへ、国内にあるのは売り物にならない「ダスト」と呼ばれる粉末状の細かな茶葉。そんな残った茶葉を有効活用するために誕生したのが、チャイでした。
質の落ちた茶葉は苦味が強いため、そのままではとても飲むことができず、ミルクを入れ、お砂糖を加えて甘みを引き出し、香辛料を加えて旨みを引き出す方法が同時に考えられたのです。

|美味しい作り方

ミルクティーの場合、茶葉を水から煮て、数分沸騰を続けたところでミルクと砂糖を加えます。再沸騰したら火を止め、1分ほど蒸らしてから茶漉しを通して器に注ぎます。
マサラチャイは香辛料を加えます。シナモン・カルダモン・グローブが主流で本格的に作る場合は原形のものを使用します。しかし、そんなに手間を掛けずに作りたい時は、専用のミックススパイスが販売されています。

|まとめ

地域によっては、ミルクで割ることはなくストレートで飲むこともあります。ロシアではジャムをいれたり、モロッコではミントの葉を入れたりするそうです。
お好みの香辛料で、体の中からポカポカに。寒い冬にピッタリの飲み物ですね。

ビワのお話

今回はビワについてご紹介します。
この時期にビワ?と思いますよね。ビワは秋〜冬にかけて花を咲かせます。そして葉には冬に嬉しいいろいろな薬効があると言われています。

|見頃は11月から

開花時期は11月〜。
枝の先のほうに、花がびっしりと固まって付きます。薄茶色の蕾が割れると、白〜薄い黄色の5弁の花を咲かせます。
産毛のような毛はビワの特徴で、葉の裏側も、花の蕾も、びっしりと細かい毛に覆われています。
花はとても小さいので、下からでは咲いていることに気づきにくいのですが、ほんのり優しい香りが教えてくれます。
花言葉は『内気』『静かな思い』『密かな告白』『あなたに打ち明ける』です。

|葉は1年中茂っています

ビワはバラ科の常緑高木です。1年中大きな葉を茂らせます。日本では比較的温暖な地域で広く栽培されています。種をまけば比較的簡単に発芽、10年弱で人の背丈を越える木にまで生長します。
ビワの名前は、葉っぱの形が楽器の琵琶(びわ)に似ていることからその名がつけられたと言われています。

|葉の効果

ビワの木には様々な薬効があると言われ、中国の古い言い伝えでは “ビワの木があると病人がその葉を求めて列をなした” といわれ、ビワには病人が寄ってくるから縁起が悪いとされていました。
葉には咳を鎮めたり、痰を除いたり、胃を丈夫にしたり、体の余分な水分を排泄したりする作用があります。
また、ビワの葉の栄養素を抽出した「ビワの葉エキス」は、長期間の保存が可能でビワの葉がない地域の人でも手軽に利用できます。

|果実にも栄養がいっぱい

甘くておいしい黄橙色の果実、葉と同様に咳を鎮めるために用いられます。
糖分やビタミン・ミネラル類などの栄養成分だけでなく、β-カロテンやポリフェノール類が多く含まれていることが分かりました。
ポリフェノール含量は、巨峰と同程度と言われています。

|まとめ

木の部分は、乾燥させると強度が増すため杖が作られます。とても丈夫で長持ちすることから、「長寿杖」と呼ばれ縁起物としても活用されています。
余すところがない「ビワ」。季節を問わず注目です。

葉っぱがカラカラ 〜塩害〜

今年は、例年のように美しく紅葉している葉もありますが、カラカラに枯れ紅葉する前に散ってしまった葉を見かけます。これは塩害によるもの。日本列島に大きな被害をもたらした台風24号が原因と言われています。
植物にもたらす「塩害」について調べてみました。


|浸透圧ストレス

高潮による海水の浸入や、塩分を多量に含む風、あるいは、干魃(かんばつ)などで土壌中の塩分濃度が高まると「 脱水症状 」を引き起こします。植物の根は土壌から水分を吸収しにくくなり、それと同時に根から水分が流出してしまいます。
気孔の閉鎖・光合成の低下・生育の阻害などが起き、枯れたり育たなくなってしまいます。水分を多く失った植物は、葉っぱの先から枯れていきます。

イオンストレス

植物体内に入った過剰なNaClイオンが代謝を阻害し,葉の枯死や生育の阻害をもたらします。
 浸透圧ストレスとイオンストレスは,多くの場合同時に作用します。

|桜が開花

桜の花芽は通常7~8月に作られます。花芽の付け根についている葉から植物ホルモンである「アブシシン酸」が花芽に送り込まれていて、開花するのを止めています。
今年は台風による強風や塩害で葉が落ちてしまったため、花芽を止めていたアブシシン酸が送り込まれなくなってしまいました。その後も、20℃を超える高い気温の日が多かったため開花してしまったのではないかと思われます。

|今年の塩害被害が大きいワケ

台風24号が通り過ぎた後、好天が3日続いたために、塩分が洗い流されず葉の水分を奪ってしまった事、活発な雨雲が抜けたあとも暴風が続き、葉が損傷・塩分で木が痛んだ事などが原因だと言われています。
また「1日で枯れてしまった」という報告もあり、かなり濃い塩水が降り急速に起こった脱水、大量のナトリウムイオンによる急性毒性の両方が重なったためと考えられます。

|まとめ

農作物も同様で、塩分の多い環境では生きていくことができません。塩害が発生すると、農作物の育成が妨げられ、その土地の農業的な価値も低下します。
ちなみに、2011年に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)で起こった津波で被害を受けた沿岸部の水田約2000ヘクタールは、震災から10年以上作付けができない可能性があるとみられています。

紅葉の秘密

紅葉狩り、行きましたか?
もう雪が降っている地方もありますが今年は暖冬傾向にあるので、まだまだ紅葉が残っている場所もあります。
赤や黄色の葉が山や渓谷一面に広がり秋を彩る風情は、その時季にしかお目にかかれない美しさです。

|紅葉のメカニズム

葉は、光合成によって栄養となる糖分を作り出しています(日光と水と二酸化炭素を使っています)。
秋になって日光が弱まって不足し生産効率が低下すると、樹木は茎と葉のつけ根部分に「離層」という層を作り、葉を茎から孤立させ糖分の消費を抑制します。葉に残った糖分は、化学反応により赤い色素を持つアントシアニンを生成します。気温が低下し緑色の葉緑素が壊れると、葉はみるみる赤く変化しています。

|黄葉のメカニズム

黄葉の場合は、糖分がアントシアニンに変わる紅葉とはメカニズムが異なります。
葉を黄色くするのは、カロテノイドという黄色い色素で、夏に葉が緑色のときにすでに作られています。光合成に必要な日光を吸収し葉緑素をサポートする役目を担っています。
秋になり気温が下がると葉緑素が壊れ、カロテノイドが目立つようになり、葉が黄色く色づきます。

|メリット

樹木にとって、紅葉が必要なのかは明らかにされていません。
「活性酸素を取り込まないようにする」という説が有力なようで、木は落葉する前に葉のなかの有効成分を全て回収しようとしますが、その中に葉緑体を分解する過程で生じた活性酸素が多く含まれ、木に悪影響を与えてしまいます。そこで、活性酸素の発生を抑えるアントシアニンを分泌し、必要なものだけを吸収するとされています。
また「虫(アブラムシなど)をよせつけないようにする」という説もあり、紅葉している葉には紅葉していない葉に比べて虫が少なかったという報告があります。

|紅葉狩りの歴史

もとは貴族の遊びだった紅葉狩りが一般にも定着したのは江戸時代の頃。
豊臣秀吉は晩年、醍醐の山に大量の桜を植え、豪華絢爛な花見の宴を開いたことが知られています。
庶民たちには、伊勢参りや熊野詣でで旅に出かける風習が生まれ、景色の良い風景を求めて遠出をするようになり、行楽ブームの火つけ役になったとの説もあります。

|まとめ

紅葉が見られるのは地球の北半球の温帯地域、つまり日本を含む中国や韓国などの東アジア諸国、北米大陸の東部、ヨーロッパの一部だけと言われています。
日本では、秋になると当然のように紅葉する木々を目にすることができます。しかし地球上ではとても珍しい現象。世界中にも紅葉の絶景がたくさんありますが、その中でも日本の紅葉は格別だと言われています。それは、日本の温暖な気候と独特な地理的条件が揃っているから。
今年も美しい自然現象、見逃さないように!

二十四節気【12月】

「二十四節気(にじゅうしせっき)」とは、太陰暦を使用していた時代に季節を現すための工夫として考え出されたもの。黄道(太陽が移動する天球上の道)を24等分し、その区切りと区切られた期間につけられた名前を言います。
12月・・今年最後の月です。12月は「師走」と言い、”師僧も走る多忙な月” 。計画的に行動したい月です。
二十四節気と12月の花をご紹介します。

|12月の花「シクラメン」

冬を彩る花「シクラメン」。
大きく分けて、室内で育てる「シクラメン」と、花が小さく冬の寒い庭でも育てられる「ガーデンシクラメン」があります。
花色は赤・ピンク・白・紫など。グラデーションになっている品種もあります。
ハート型の葉も魅力的です。
花言葉:「遠慮」「気後れ」「内気」「はにかみ」

|7日頃「大雪 (たいせつ) 」

雪が激しく降り始める頃で、朝夕には池や川に氷が張るようになります。霜柱もこの頃から。
鰤などの冬の魚の漁が盛んになり、熊が冬眠に入ります。南天の実が赤く色付きます。

|22日頃「冬至 (とうじ) 」

一年中で最も夜の長い日。次の日から日中の時間が伸び始めることから、古くはこの日を年の始点としていました。中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくると考えられていたのです。
また、かぼちゃを食べたり柚湯に入る慣習があります。「冬至にかぼちゃを食べると病気にならない」と言われています。

|まとめ

この「二十四節気」は、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれ6つに分けられています。
12月になると、日が暮れるのも早くなり寒さも本格的になります。植物にあった防寒対策が必要になります。庭仕事を行う時は、比較的暖かい昼間のうちに行うようにするとはかどります。
1年の総仕上げ!やり残しが無いようチェックしてみましょう。

深まる秋 落ち葉の季節です⑤

森の中では自然に土に還る落ち葉も、街の中では処理に困ることが多い現代。そんな厄介者の落ち葉を資源として循環し、有効に活用しようと取り組んでいる自治体があります。埼玉県志木市や深谷市などで行なっている「落ち葉銀行」です。「深まる秋 落ち葉の季節です」の最終回は、自治体の興味深い取り組み「落ち葉銀行」をご紹介します。

|落ち葉を預金に腐葉土を受け取る

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/775658?title=集めた枯れ葉

「落ち葉銀行」とは、自宅の庭や公園などにあるただ燃やしてしまうだけの落ち葉を自治体が回収し、腐葉土にして市民に返すという取り組みです。自治体によって多少差はありますが、落ち葉の処分といえば、燃えるゴミの収集や個別回収日に出すというのが一般的。この落ち葉銀行は、落ち葉を預金に見立て、預金を下ろす時には腐葉土や花苗、トイレットペーパーなどにして市民に返すというものなのです。

|専用通帳や利息もあり

出典:https://www.photolibrary.jp/img272/197842_2237252.html

深谷市の場合、預金者になれるのは、市民や市民団体、市民グループ。専用の通帳があり、指定の落ち葉を入れる袋(90リットル)に落ち葉を入れて持ち込みます。預金してから2年後に、落ち葉5袋に対して腐葉土1袋(20リットル)と交換となり、利息として花苗が配布されます。

|資源の活用と街の美化の広がり

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1745175?title=秋の道

深谷市の落ち葉銀行は2012年から開始されたものです。ゴミの減量化はもとより、落ち葉を資源として有効活用しながら、街の美化にもつながるこの活動は、ぜひ日本全国の自治体にも広がってほしいところ。しかし大量の落ち葉を回収し腐葉土にする場所や人手の問題もあり、なかなかすぐに真似できるものではないのだそうです。

|まとめ

落ち葉を踏みしめると冬の訪れを感じ、季節の移り変わりに気づくものです。一方で大量の落ち葉に、街路樹の伐採を求める苦情が自治体に寄せられることもあるといいます。人々に潤いを与える樹木や植物たちが、市民生活とうまく共存できるように、落ち葉銀行のような取り組みが全国に広がることを願うばかりです。

深まる秋 落ち葉の季節です④

前々回、森の落葉が分解され腐葉土になり、土に還るお話をしました。腐葉土は、植物の成長のために欠かせないもののひとつ。では堆肥と腐葉土の違いはどんな点にあるのでしょうか。いずれもガーデニングや家庭菜園の必須アイテムではありますが、なかなか違いは分かりづらいものです。

|腐葉土は落ち葉が分解された堆肥の一種

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/527717?title=腐葉土

腐葉土は、植物を育てる土を改良するために使われるものです。名前に「葉」があるように、秋冬の枯れ葉が積み重なり、虫や微生物が分解することによってできた堆肥の一種。森や雑木林など自然の中では、1年から2年という時間をかけて、ゆっくりと分解が進み土へと還ることになりますが、腐葉土として市販されているものは、1、2ヶ月で人工的に分解されたものなのです。

|堆肥は原材料と発酵の度合いが異なる

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1042011?title=堆肥

一方堆肥は、落ち葉や枝、もみがら、家畜の糞などの有機物を微生物が分解、発酵した土壌改良材です。腐葉土が、落ち葉の形状が残った不完全な発酵状態であるのに対して、堆肥は土のように細かく完全に発酵した状態になっています。腐葉土と堆肥の共通点は、土の保水や排水、通気性を向上させ、肥料の成分を保持することですが、原材料と発酵の度合いが違いと言えるでしょう。

|そのまま使えるのが培養土

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/975650?title=園芸用土

腐葉土も堆肥も市販されていますが、店頭では培養土というものもよく見かけます。培養土とは、赤玉土や黒土などの基本用土に腐葉土や堆肥、石灰、肥料など、植物の種類に応じて栽培に適した割合に配合したものをいいます。つまり購入してそのまま使える土のことです。店頭でたくさん並んでいると、何を購入したよいのか迷いますが、園芸初心者であれば培養土を選べば間違いありません。

|まとめ

穴を掘り落ち葉と土、米ぬかを交互に積み重ね、ビニールシートを被せ、1ヶ月に1度かき混ぜると、3ヶ月程度で自家製腐葉土が完成します。落ち葉の処理に困る時、庭にスペースがあれば是非挑戦してみたいものです。

深まる秋 落ち葉の季節です③

自然界において重要な役割を果たしている落ち葉ですが、市街地における落ち葉となると、いいことばかりではないようです。どこからともなく飛んで来る大量の落ち葉に、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、少し厄介者になってしまう市街地の落ち葉について、お送りしていきたいと思います。

|街では厄介者の落ち葉

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/781727?title=落ち葉

新緑の季節には爽やかな風にそよぎ、夏には涼しい木陰を生み、秋には鮮やかな紅葉で楽しませてくれる街路樹。みなさんの街にもあるのではないでしょうか。しかし色づく葉が散り、歩道を覆い尽くすようになると、落ち葉は急に厄介者と化してしまいます。濡れた落ち葉の上は歩くと滑りやすく、側溝に溜まると詰まりの原因に。吹きだまった落ち葉は腐って、街の景観もそこねてしまいます。

|害虫の発生や植物の成長を阻害

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1833059?title=枯れ葉掃除#

隣家の庭木から落ち葉で雨どいが詰まる。庭の落ち葉をそのままにしておくと、害虫の発生原因にもなりかねません。また落ち葉による日照不足のため、庭の植物にも影響を与えてしまいます。落ち葉が分解され土に還るというのは、自然豊かな森の中の話。市街地においては、落ち葉の被害に悩み処分に困る話をよく耳にするものです。

|燃えるゴミとして処分が一般的

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1941714?title=落ち葉%20

落ち葉は、自治体で燃えるゴミとして回収するケースが多いようです。落ち葉の季節になると、落ち葉の特別取集を行なっている市町村もあります。また町内で、街路樹や公園の落ち葉を一斉に清掃することもありますね。各家庭で落ち葉焚きをすることも不可能な現代。住んでいる自治体の処分規定やルールに沿って対処するしかありません。

|まとめ

本来分解され土に還り循環していく存在の落ち葉。単なる焼却処分では、地球の温暖化の原因である二酸化炭素を排出するだけになってしまいます。落ち葉を資源ごみとして回収し、堆肥へリサイクルする自治体もありますが、人間社会においては、なかなか自然界のシステムのようにはいかないようです。

深まる秋 落ち葉の季節です②

木々が葉を落とすのは冬への準備。落ち葉は木にとって冬越しのためではありますが、自然界においてとても大切な働きをしています。「深まる秋 落ち葉の季節です」の2回目は、自然界での落ち葉の大事な役割について、お話ししていきたいと思います。

|落ち葉から腐葉土へ分解

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1941301?title=枯葉

森や林など、自然界における落ち葉は、地面に落ち土の上に降り積もります。そして土の中にいる細菌やカビなどの微生物が、落ち葉を分解することで腐葉土になり、養分を含んだ土へと変化していきます。落ち葉をエサとするのは微生物だけでなく、ミミズやワラジ虫、ダニなどの生物も同様。これらの生物が活発に活動することで、土の中に水や空気が通りやすくなり、ふかふかの豊かな土壌が生まれるのです。

|落ち葉の下は生物の住処

出典:https://www.photolibrary.jp/img215/150026_1509750.html

落ち葉は生物のエサとなるとともに、冬越しの場所として利用されています。落ち葉の裏にくっつくように冬越しするのが、チョウやテントウムシの幼虫、カメムシなど。またヘビやカエルなども落ち葉の下や土の中にもぐって冬を越します。落ち葉や土の中は、地上よりも温度変化が少なく、じっと眠って過ごすには最適な場所なのです。

|土砂流出防止の効果

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1838145?title=濡れた落葉や黄葉が繁る森の中です

また落ち葉は、森林を守る役割も担っています。落ち葉が地面を覆いつくすことで、土を乾燥から守り土壌の水分を保ちます。そして、雨や風による土砂の流出を防ぎ、表土を守る機能を果たしているのです。

|まとめ

このように自然界における落ち葉は、たくさんの役割を果たしています。森に住む生き物にとっても、また私たち人間にとっても恩恵を与えてくれていると言えるでしょう。

深まる秋 落ち葉の季節です①

秋の深まりとともに、赤や黄色に染まった葉が散り落ちていきます。辺り一面が落ち葉で覆われる光景、みなさんのお近くでも見られるのではないでしょうか。今回の5回シリーズは「深まる秋 落ち葉の季節です」と題して、落ち葉についてお話していきたいと思います。

落葉は厳しい冬を越えるため

出典:https://www.photolibrary.jp/img583/257805_5513543.html

そもそもどうして冬が近づくと、木々の葉は落ちてしまうのでしょうか。寒くなると葉を落とす木を落葉樹といいます。この落葉樹の葉を落とす性質は、厳しい寒さに耐える冬越しの方法なのです。春から夏にかけて、葉は太陽の光を浴び、木の養分を作るという大切な役割を担っていました。しかし冬が近づくと日照時間は減り、太陽の光も弱まり、十分な栄養を作ることもできなくなります。

|水分蒸発と凍結防止

出典:https://www.photolibrary.jp/img180/78669_1086818.html

寒い冬が来る前に栄養を全て枝や樹皮に移し、葉は落ちて寒さに備えるというわけです。冬に木に葉がついたままだと、寒風で葉から木の水分が蒸発してしまい、葉の水分が凍りそこから枯れてしまいます。これらを防ぐ意味でも、木は葉を落とすのです。

|常緑樹にも落葉はある

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/81386?title=雪27

冬でも緑の葉を保ち続けるツバキやマツ、スギなどの常緑樹もあります。しかし常緑樹であっても、葉はずっと落ちない訳ではなく、少しずつ落葉し新しい葉が生えています。落葉樹のように一斉に落ちないため、ずっと緑が保たれているように見えるというわけです。

|まとめ

木に葉がついたままだと、雪が降り積もり枝が折れてしまうことがあります。このことから積雪の多い地域では、常緑樹よりも落葉樹が多いといわれています。葉を落とすのは、木の冬を生きる術。衣服を重ねていく人間とは正反対のように感じませんか。