お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

スタンド花配達専門サイト 開店祝い.com 当日配達可能! 全国送料無料! 開業・開店・コンサート・劇場・ライブ・展示会・パーティーなどに、お祝い花・スタンド花を贈ってみませんか?

お花に関するまとめコラム

秋の七草 キキョウ

昔は、山野の日当たりの良い場所で自生していましたが、今では絶滅危惧種となり、もっぱら園芸品種が愛されています。

|古来より親しまれて

庭

キキョウ科の多年草です。日本全土、朝鮮、中国、東シベリアに分布しています。万葉集で、秋の七草として詠まれていて、古来から日本人に親しまれてきた植物です。まっすぐ伸びる茎は1m以上になり、直径5~7cmの青紫色の美しい花をたくさん咲かせます。

 

|まるで紙風船

庭

耐寒性、耐暑性に優れています。開花期は、6~10月と長く、初夏に咲いたあと、茎を半分に切り戻すと、また花を咲かせます。英名はballoon flowerと言いますが、ツボミがまるで紙風船のような形をしていることから名づけられました。

 

 

|五角形の花の美しさ

庭

五角形の、キリッとした美しい花の形が、武士たちに愛され、家紋にする武将も多く、なかでも明智光秀は有名ですね。花言葉は、「永遠の愛」「誠実」「変わらぬ愛」「気品」「清楚」「従順」などがあります。青紫色が一般的ですが、白、赤、ピンク、また八重など種類も豊富です。

 

 |まとめ

キキョウの根は、桔梗根という名前の漢方薬です。桔梗をキチコウと音読みし、転じてキキョウになったのが由来とか。白く太い根は、キキョウサポニンを含み、咳止めの効能があり、万葉の昔から、薬草として利用されてきました。

葉の模様が複雑なペルシカリア・レッドドラゴン

暑さ寒さともに強く、丈夫で育て易いです。姿や葉の形からの頑丈なイメージに似合わず、白い小さな花は、可憐で茶花にも使えます。

|葉の模様はV字型

庭

タデ科の多年草(宿根草)です。原産は、日本、ヒマラヤで、花期は9~11月、草丈は30~120cmです。耐暑性、耐寒性に優れ、とくに寒さには-10°Cまで耐えます。赤紫葉が特徴で、V字型の斑の模様が鮮明で美しいです。茎も赤くツルのようです。夏は、緑色になってしまいます。

 

|カラーリーフプランツとして

シルバードラゴン https://item.rakuten.co.jp/auc-gifuryokuen/5351/

シルバードラゴン
https://item.rakuten.co.jp/auc-gifuryokuen/5351/

レッドドラゴンの葉は、赤紫色の地に、緑や白っぽい青色の複雑な模様が入ります。同じ種類に、シルバードラゴンがあり、こちらは赤みがなく灰色っぽい青色の模様が入ります。レッドドラゴンに比べると、かなり白味が強いです。どちらも、カラーリーフプランツとして庭のアクセントになります。

 

|育て方は簡単

庭

タデ科なので、雑草のタデと同じくらいに強いです。特別な育て方はなく、水はけの良い、しかし適当に湿り気のある場所に植えましょう。ある程度の高さになると、横に広がるので、ボリュームのある形になります。花言葉は「節操」があります。

 

|まとめ

庭

葉の長さは10~15cmほどで大きく、花よりもカラーリーフを楽しむ植物です。尖った個性的な葉に比べ、花は可憐です。強健に茂っていても、冬期は地上部は枯れてしまいます。草丈も自由に切り戻して調節してください。下葉が枯れたきたら、取り除くと美しくみえます。

海風に揺れる花々in種差海岸⑤

2011年3月の東日本大震災。青森県八戸市の種差海岸も津波にのみこまれました。多くの貴重な植物の自生地であるこの海岸で、絶滅危惧種であるサクラソウも塩害の被害を受けたものの一つです。「海風に揺れる花々in種差海岸」の最終回は、種差海岸のサクラソウの話をお伝えします。

|津波の被害からサクラソウを救え

出典:https://www.photolibrary.jp/img247/187360_1906249.html

園芸品種としておなじみのサクラソウ。しかし野生の自生地は減少の一途をたどっており、種差海岸は貴重な自生地の一つです。震災の被害を受けたことをきっかけに、青森県立名久井農業高校の研究チームが、サクラソウの種子を採取し、校内で保護栽培を始めました。

|絶滅回避のための環境調査

出典:https://www.photolibrary.jp/img34/7764_94125.html

保護栽培のみならず、自生地の生育環境や個体数などを調査した結果、サクラソウは種子ができにくい性質があることが判明しました。種子ができにくいサクラソウは、クローンで増えるため病気や環境変化に弱い。種差海岸の群生地はほとんどがクローンの群生地であり、絶滅の危機に常に瀕していることになるのです。

|先輩から後輩へ受け継がれる活動

出典:http://blog.goo.ne.jp/baru3k2000/s/サクラソウ/2

また種差海岸には受粉を行うハチが少ないことが、種子ができにくい要因にもなっています。そのため人工授粉を行ったり、群生地周辺の枯れ草を除去し、光合成しやすい環境を作り出したりしているのだそうです。活動を始めて7年。このようなサクラソウの調査保全活動が、先輩から後輩へ代々受け継がれていっていることに頭が下がる思いです。

|まとめ

現在種差海岸のサクラソウは、震災時よりも個体数が増えているそうです。しかし観光客の増加もあり、自生地への侵入など新たな課題も多いと言われています。種差海岸を訪れる私たちも、この自然の現状を理解した節度ある行動をしていきたいものです。

海風に揺れる花々in種差海岸④

多くの花々をはじめ、豊かな自然に恵まれた種差海岸。貴重な植物の宝庫でもあるこの海岸を守るために、地元ではボランティアによる保護活動が盛んに行われています。今回は種差海岸の花々に影響を及ぼす、特定外来生物「オオハンゴンソウ」についてお話ししていきたいと思います。

|明治時代に伝わった園芸植物

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/112138?title=オオハンゴンソウ&selected_size=s

北アメリカ原産のオオハンゴンソウは、キク科の多年草です。日本には明治時代に園芸植物として伝わりました。花期は7月から10月頃。鮮やかで黄色い花の大きさは10㎝ほど。葉はヨモギによく似ています。道路端や河川敷など、特に湿った場所に群生するのが特徴です。

|種でも地下茎でも増える特定外来生物

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1100907?title=野草%E3%80%80オオハンゴンソウ&selected_size=s

オオハンゴンソウの草丈は2mを超えることもあり、他の植物への日当たりが悪くなります。また、種子でも地下茎でも増えるのが特徴。さらに地下茎からは他の植物の生長を妨げる物質を放出する非常に繁殖力が強い植物です。外来生物法により「特定外来生物」に指定され、栽培、運搬、販売などが禁止されています。

|旺盛な繁殖力で生態系へ影響あり

出典:https://www.photolibrary.jp/img116/17232_494870.html

オオハンゴンソウは、もともと種差海岸にもなかった植物です。種差海岸には固有の植物や、種差を南限、北限とする植物も多く存在します。オオハンゴンソウは、これらの貴重な生態系に大きな影響を及ぼすもので、駆除活動が盛んに行われています。一見美しい花のようですが、自宅の庭などで楽しむことは禁じられているので気を付けましょう。

|まとめ

オオハンゴンソウの駆除活動だけではありません。種差海岸の美しい自然を守るために、保護指導員による海岸のパトロールで、植物の盗掘や不法投棄などを監視。また学校や職場単位での清掃活動なども行われています。市民による保全活動が、美しい種差海岸を支えているのです。

海風に揺れる花々in種差海岸③

海をバックに美しい花々を撮る人、海岸と並行して走るJR八戸線の列車のシャッターチャンスを待つ人。種差海岸を訪れる人々は、カメラを片手に散策を楽しむ人が多く見られます。「海風に揺れる花々in種差海岸」の3回目。今回は種差随一の美しい砂浜と緑のエリアをご紹介します。

|鳴砂の名所 大須賀海岸

出典:http://tohoku.env.go.jp/mct/modelcourse/course_01.html

花の渚中須賀を過ぎ歩くこと15分あまり。雰囲気はガラッと変わり、目の前には広い砂浜が広がります。大須賀(おおすか)海岸は、踏みしめると「キュキュ」と音がする鳴砂で名高い海岸です。鳴砂といえば綺麗な砂浜の代名詞。裸足で音と砂の感触を楽しんでみて下さい。

|樹齢100年の松並木

出典:http://tohoku.env.go.jp/mct/modelcourse/course_01.html

大須賀海岸から白浜海水浴場を過ぎると、松の並木道「淀の松原」が広がります。木々の間から大小の岩が点在する様子を眺めることができます。海岸沿いの松林はさほど珍しくありませんが、戦後に植栽されたものがほとんど。樹齢100年を超える淀の松原は大変貴重な松並木なのです。

|海に広がる緑の絶景

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/676069?title=八戸%E3%80%80種差海岸&selected_size=s

松林を抜けると、目の前には緑一面の芝生が広がります。種差天然芝生地は、種差海岸の観光パンフレットには欠かせないエリア。この地域では古くから馬の放牧が行われ、この芝生地もそんな歴史のもとに生まれた場所です。太平洋をのぞむ広大な芝生に立つと、大人でも思わず駆け出したくなってしまうでしょう。開放感満点の絶景ポイントです。

|まとめ

近くにはインフォメーションセンターや休憩所があります。地元のガイドさんとのツアーが企画されていたり、乗馬やヨガなど様々な体験プログラムも用意されています。休憩所のカフェからは緑の芝生と海を一望でき、散策の合間に是非立ち寄りたい場所です。

海風に揺れる花々in種差海岸②

種差海岸の魅力の一つは、市街地からJRで15分程度というアクセスの良さです。新幹線を利用すれば、首都圏からの日帰りトレッキングも楽しめます。種差海岸の花と見どころをお伝えするシリーズの第2回目。今回は種差海岸のお花畑をご紹介します。

|太平洋を望む灯台と展望台

出典:https://www.photolibrary.jp/img512/26145_4889873.html

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1085645?title=葦毛崎展望台&selected_size=s

蕪島から海沿いを進み、少し山手に入ると緑の草原の中に佇む白亜の灯台が「鮫角(さめか)灯台」。日本の灯台50選にも選ばれた、太平洋を一望できる美しい灯台です。さらに海沿いを進むと、海に突き出た葦毛崎(あしげざき)展望台が見えてきます。元々は太平洋戦争時に日本軍が軍事施設としていたところ。この展望台を過ぎると、種差海岸の花の渚にたどり着きます。

|季節折々の花の宝庫の中須賀

出典:http://www.env.go.jp/park/sanriku/index.html

葦毛崎展望台から、少し歩くと中須賀に到着します。岩場を抜ける遊歩道沿いに咲くのは、ハマヒルガオやスカシユリなどの海浜植物です。ハマヒルガオは、日本の海岸地域に多く見られ、砂地に咲くのが特徴。スカシユリも、海岸の砂地や岩場に育ちます。いずれも過酷な自然環境の中でも生き抜く性質を持った花々です。

|冷涼な気候がもたらす海と山の共演

出典:http://www.env.go.jp/park/sanriku/index.html

海岸ゆえ、海で育つ植物ばかりと思いきや、高山植物も生息しているのが、この海岸の特徴です。ハナショウブの原種であるノハナショウブ、鮮やかな黄色の花が美しいニッコウキスゲ。冷たいヤマセが吹き付ける初夏の中須賀では、海浜植物と高山植物の共演が注目です。

|まとめ

ほかにも春にはミチノクフクジュソウ、夏にはハマナス、初秋にはハマギクなど、様々な植物の自生地となっている種差海岸。潮風に吹かれながら色鮮やかな花々に囲まれるこのエリアは、種差海岸を代表する景観といえるでしょう。

海風に揺れる花々in種差海岸①

三陸復興国定公園の最北端。青森県八戸市の種差海岸は、たくさんの美しい花々が咲く海岸です。自生する植物はおよそ650種類。夏でも「ヤマセ」という冷涼な海風が吹き、岩場や草原、湿地などが入り組んだ複雑な地形の中で、様々な花を目にすることができます。今回から5回にわたり「海風に揺れる花々in種差海岸」と題し、種差海岸に咲く花と見どころをご紹介していきたいと思います。

|ウミネコの繁殖地 蕪島

出典:http://www.env.go.jp/park/sanriku/guide/view.html

三陸復興国定公園の北の玄関口にあるのが蕪島(かぶしま)。ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されています。ウミネコは毎年3月から8月まで、産卵と子育てのために飛来。その数は4万羽にも及びます。繁殖の様子を間近で見ることができるのは、国内においては蕪島だけ。蕪島の頂上にあるのが蕪島神社。漁業の安全や商売繁盛の神として地元では親しまれています。社殿は2年前の火災により焼失してしまい、現在再建工事の真っ最中です。

|島が菜の花に染まる

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/301033?title=うみねこ・八戸市蕪島&selected_size=s

5月中旬から蕪島は、黄色い菜の花が咲き誇ります。意外と知られていないようですが、蕪島は、菜の花の名所といっても過言ではありません。青い空に白いウミネコが飛び、赤い鳥居の周りには一面の黄色い菜の花。この4色のコントラストは、この時期ならではのものです。

|ベストシーズンは5月下旬

出典:http://tohoku.env.go.jp/mct/modelcourse/course_01.html

菜の花が満開を迎える5月下旬は、ちょうどウミネコの雛が生まれる時期とも重なります。蕪島を訪れるなら、この時期がベストシーズンといったところでしょうか。しかし、たくさんのウミネコが飛び交う時期に気をつけたいのが、空からのウミネコのフン。時々傘をさして歩く人も見かけますが、神社で「ウンがついた」と歓迎する人々もいるようです。

|まとめ

震災で大きな被害を受けた東北地方の太平洋沿岸。この沿岸に沿って、蕪島から福島県相馬市までの約700㎞の区間を「みちのく潮風トレイル」として、新たな道を環境省が整備しています。「トレイル」とは「森林や原野などの歩くための道」という意味。列車やバスも並行して走っていますから、交通機関を利用しながらの無理のないウォーキングも楽しめます。次回はこのトレイルコースを南下。種差海岸の豊かな自然をご紹介します。

大輪で華やかに咲く アフリカンマリーゴールド

生育が早く丈夫で、そして長期間咲き続け、夏の花壇にはおすすめの植物です。しかも、高性で大輪なので、華やかな存在です。

|大きな花が魅力的

庭

中央アメリカ、メキシコ原産で、キク科の一年草です。高さが50~100cmになり、7~10月の間、オレンジ色、黄色、白色などの大輪のボール状の花を咲かせ続けます。ときには、2メートルを超えることもあります。別名を千寿菊、万寿菊などといいます。暖地では、コボレタネで毎年咲くことが多いです。

 

|フレンチマリーゴールドとは

アフリカンとフレンチの二種

アフリカンとフレンチの二種

草丈の低い一般的なマリーゴールドは、フレンチマリーゴールドと呼ばれます。アフリカンマリーゴールドは、エレタという品種をもとに改良された園芸品種です。17世紀に、イギリス軍がアフリカから持ち帰ったことから名前がつきました。マリーゴールドの中で、江戸時代、寛永年間に最初に日本にやってきたそうです。

|コンパニオンプランツとして

コキアと

コキアと

マリーゴールドは、害虫をつきにくくする効果を持つ花で知られています。他の植物といっしょに植えると効果的と言われています。これをコンパニオンプランツといいますが、マリーゴールドの中でも、アフリカン系の方が、より効果が期待できるようです。

 

|まとめ

色によって、さまざまな花言葉があり、良い意味、悪い意味、両方を持っていますので、誤解を避けるためにでしょうか、あまりプレゼントには利用されません。ちなみに、「嫉妬」「絶望」「悲嘆」「信頼」「生きる」「友情」などなど、があります。

野趣溢れるワレモコウ

夏から秋にかけ、茎の先端に暗紅色の卵型の花穂をつけます。花穂の大きさは1~2cmほど、花穂は小花が集まったものです。

|山野で自生

庭

バラ科の多年草または宿根草です。冬は地上部は枯れますが、春には新芽が出てきます。日本では山野草として、普通に山野で自生している姿が見られます。日本のほかには、朝鮮、中国、シベリアに分布しています。草丈は、20~180cmくらいです。

 

|根には薬効あり

https://www.google.co.jp/search?

https://www.google.co.jp/search?

漢字で書くと「吾亦紅」、われもこうありたい、という思いから名づけられたとか。根は生薬「地楡(ちゆ)」として薬効があるとよく知られています。止血、火傷、湿疹に効果があります。花言葉は、「変化」「もの思い」「愛慕」があります。花は2mmほどの小さなものです。

|ドライフラワーに

https://www.google.co.jp/search?

https://www.google.co.jp/search?

アラスカでは、帰化植物として自生しているほど、どこにでも育つ丈夫さです。草丈が高くなって困るときは、6月に、三分の一ほどに刈り込むと、脇芽が出て、低く抑えられます。水分の少ない花なので、簡単にドライフラワーにすることができます。

|まとめ

山野で自然に育つほど丈夫なので、とても育てやすい植物です。派手な美しさはありませんが、素朴な姿や、ナチュラルな花色が魅力的で、愛好家は多いです。草丈が20cmほどの小型のヤクシマワレモコウは、盆栽などに仕立てられます。

楚々とした風情 ノリウツギ

アジサイと似ていますが、開花期は、紫陽花の終わる頃から咲き始めます。7月~9月中旬まで咲くので、夏の花として貴重な植物です。

|紫陽花に似て

https://www.google.co.jp/search?

https://www.google.co.jp/search?

アジサイ科の落葉低木で、原産地は、日本、中国です。丈は2~3m、花色は白です。耐暑性も耐寒性もあり、初心者でも育てやすいです。日陰でも一日に数時間の日光があれば十分です。紫陽花と似ていますが、花の房が円錐形なのが特徴です。漢字で書くと「糊空木」、昔は、樹液を紙漉きの時の糊として使っていました。

|ピラミッドアジサイ

https://www.google.co.jp/search?

https://www.google.co.jp/search?

「ピラミッドアジサイ」の名で市場に出回っているものは、ノリウツギの改良品種です。ほかに同じ種類として、「ライムライト」もあります。花言葉は、「同士」「しとやかな恋人」「高慢」「移り気な方」「乙女の夢」「臨機応変」などがあります。

 

|剪定はほぼいつでも

庭

普通のアジサイは、花後すぐに剪定をしないと、来年度の花付きが悪くなりますが、ノリウツギは、翌年の春まで大丈夫です。11~3月の落葉期がいいでしょう。花芽は4月以降に伸びる新芽につきます。華やかさに欠けますが、楚々とした風情を好む人は多いです。

|まとめ

根から作られるというパイプは、東北、北海道では別名「サビタ」と呼ばれていることから、「サビタのパイプ」として愛煙家の間では有名だそうです。しかし、実物は残っていなくて、図鑑だけで伝承されているそうです。