お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

スタンド花配達専門サイト 開店祝い.com 当日配達可能! 全国送料無料! 開業・開店・コンサート・劇場・ライブ・展示会・パーティーなどに、お祝い花・スタンド花を贈ってみませんか?

お花に関するまとめコラム

トゲのある葉が特徴のヒイラギナンテン

原産地が中国や台湾のヒイラギナンテンは、トゲのある葉が「ヒイラギ」に、実を付ける姿が「南天」に似ていることからこの名前が付いています。

|日陰に強い

ヒイラギナンテン

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2012/03/17/16/32/holly-22789_960_720.jpg

常緑性の葉を持つヒイラギナンテンは、日当たりが悪い環境でも育ちます。しかし、全く日が当たらない場所では、葉のツヤが悪くなり弱々しい姿になりますので、美しい姿を保つには半日陰くらいの環境が良いでしょう。

|黄色い小さな花をつける

ヒイラギナンテン

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2014/06/04/13/48/plant-362005_960_720.jpg

開花期は3~4月です。茎の頂点から数本の花芽を出し、小さな黄色い花を多数咲かせます。香りが良い為、この時期は虫も集まりやすいです。花が終わったら、ブドウの房の様に青黒い実を付けた姿を楽しめます。

|成長が遅い

ヒイラギナンテン

庭のヒイラギナンテン

ヒイラギナンテンは成長が緩やかで、簡単なお手入れで育てることができます。上へ伸びる性質があり枝分かれしにくい為、生垣として利用したい場合は剪定を行います。剪定は、11~2月に行いましょう。茎の切断面から枝が伸びてきますので、バランスを見て切り取ります。

|まとめ

ヒイラギナンテンは、植える環境によって紅葉を楽しむことができます。半日陰で育てると、葉の色が赤くなることが多いようです。和風や洋風どちらの雰囲気にも合い、育てやすいのでお庭のアクセントとして植えてみてはいかがでしょうか。

満開に咲く花は圧巻!ユキヤナギ

公園や庭園などで見かけるユキヤナギは、小さな花を枝いっぱいに咲かせます。遠くからみると、雪が被ったような姿です。枝の伸びが良く、とても育てやすい低木です。

|春に満開になる花は圧巻

ユキヤナギ

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2013/10/27/22/06/bridal-wreath-spirea-201552_960_720.jpg

ユキヤナギはバラ科の落葉広葉樹です。同じバラ科の桜の花を小さくした様な花を付け、花色は白と淡いピンクがあります。開花期は2~3月。しなやかなカーブを描く枝に密集して花が咲く姿は圧巻です。切り花でも流通し、花瓶に活けたり生け花に使ったりします。

|枝が伸びるので剪定は必須

ユキヤナギ

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2015/04/07/15/17/spiraea-thunbergii-711117_960_720.jpg

ユキヤナギは枝がよく伸びます。剪定をしないで放置すると樹形が乱れるだけでなく、中で込み合った枝の成長が悪くなります。ユキヤナギは風通しの良さを好むので、花が終わった頃から5月までに剪定をします。花芽が9~10月に付くので、9月以降の剪定は避けましょう。

|秋は紅葉を楽しめる

ユキヤナギ

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2015/04/07/15/21/spiraea-thunbergii-711121_960_720.jpg

枝に付いた小さな葉は、秋になると紅葉します。赤く染まったユキヤナギの姿は、春とは違った姿を見せてくれます。紅葉した枝も生け花で使われることがあり、しなやかな枝ぶりを活かして形を作ります。季節に合わせて楽しめる木です。

|まとめ

公園や庭園で見かけるユキヤナギはとても育てやすく、和風のお庭の雰囲気にピッタリです。花や紅葉で四季を感じることができるでしょう。枝が良く伸びるので剪定を行いますが、剪定した枝を花瓶に活けて室内で楽しむのもいいですね。

ラナンキュラスの花を楽しむコツ

薄い花びらが幾重にも重なるラナンキュラスは、春の訪れを感じさせてくれる花です。花色は、黄・オレンジ・ピンクなどの鮮やかな色から紫やワインレッドの落ち着いた色があります。切り花でも人気のある花です。

|高温多湿に弱い

ラナンキュラス

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/03/17/17/41/flowers-1263452_960_720.jpg

ラナンキュラスは秋植えの球根植物で、原産地は東欧・南欧~アジアになります。4~5月に開花し、花が終わったら球根を堀り上げましょう。10月になったら球根を植え付けます。冬から春の時期は、日中はよく日に当てると良いでしょう。高温多湿で球根が腐ることがあるので、雨の当たらない場所で育てます。

|切り花を楽しむ

ラナンキュラス

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/04/06/13/45/flower-1311812_960_720.jpg

ラナンキュラスの切り花は2月頃から生花店で見かけます。茎は穴の開いた筒状をしており、切断面が弱く腐りやすいです。バラなど茎のしっかりした花は、水と接する面を広くする為に斜めに切りますが、ラナンキュラスは真直ぐ切ります。花瓶に生ける場合は、水を毎日かえましょう。

|フラワーアレンジメントにして楽しむ

ラナンキュラス

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/04/27/08/44/flower-1356168_960_720.jpg

華やかな花を咲かせるラナンキュラスは、春のアレンジメントに欠かせません。茎が弱いので、真直ぐに切って吸水性スポンジへ挿します。ラナンキュラスの種類によって、花が大きく茎が細いものもあり、茎で支えられない場合もあります。その場合、ワイヤーをラナンキュラスの筒状の茎に通し補強してもよいでしょう。

|まとめ

ラナンキュラスは、花や葉に水がかかると腐りやすくなります。雨の多い日本では、地植えよりも鉢植えの方が育てやすいです。切り花として楽しむ場合も、水をかえる時に花へ水がかからない様に注意しましょう。

ベランダで育てやすい春の花

マンションのベランダで花や野菜を育てて楽しむ人も増えています。ベランダは、雨が当たりにくく、霜が降りにくいので、乾燥に強く寒さに弱い植物の生育に適した場所です。ベランダで育てやすい春の花をご紹介します。

|ゼラニウム

ゼラニウム

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/01/24/18/33/balcony-plants-1159382_960_720.jpg

原産地は南アフリカ。葉が多肉質で、乾燥に強い植物です。種類によって開花時期が異なり、春のみ花を咲かせるペラルゴニウム、春・秋に開花するアイビーゼラニウム、春から秋に掛けて花を咲かる四季咲き性があります。四季咲き性は気温が高ければ冬にも花を咲かせることがあります。乾燥を好むので、水やりは控えめに行いましょう。多湿や冬の寒さに弱い性質があるので、ベランダで育てるのに適しています。

|マーガレット

マーガレット

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/08/02/22/53/marguerite-1565315_960_720.jpg

原産はカナリー諸島。日本には明治末期に伝わりました。開花期は3~7月。一回り大きな鉢に植え、花がらはこまめに取り除きます。花が終わる頃に草丈の半分くらいまで切り戻すと、新芽が出て翌年の春に再び花を咲かせます。高温多湿と冬の寒さに弱いので、鉢植えでの栽培が適しています。ベランダで育てるにも適していて、夏は直射日光の当たらない場所へ移動しましょう。

|ブルーデージー

ブルーデージー

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/07/20/00/43/blue-daisy-1529428_960_720.jpg

原産は南アフリカ。開花期は3~6月、10~11月です。高温多湿に弱い為、春の開花期が終わったら、草丈を1/3ほどに刈り込み通気性をよくしましょう。花がらは、カビの発生原因になるので、こまめに摘み取ります。耐寒性が弱いので、冬は日当たりが良く風の当たらない場所へ移動させましょう。青い花がベランダの彩りを華やかにしてくれますよ。

|まとめ

上記に記載した花以外にも、茎や葉が多肉質、草姿が球形になる草花は多湿に弱い特徴があります。ベランダの雨が当たりにくいことや霜が降りにくいメリットを生かして、植物を育ててみてはいかがでしょうか。

春の到来 フキノトウの芽吹き

消えかけた雪の切れ間から顔をのぞかせるフキノトウ。春の訪れを告げる植物のひとつです。日本全国の山野、河原の土手や道路脇など身近なところでよく目にすることができます。春の山菜としてもおなじみ、地域によってはもう芽を出しているかもしれませんね。今回は春には欠かせないフキノトウをご紹介します。

|フキの花がフキノトウ

出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/173938?title=蕗の薹&selected_size=s

フキノトウはキク科フキ属の多年草。大きな丸い葉っぱが特徴のフキの花がフキノトウです。冬に黄色の花を咲かせることから「冬黄(ふゆき)」が転じて「フキ」と呼ばれるようになったとも言われています。漢字で書くと「蕗の薹」。ちょうどよい年齢を過ぎてしまったことを「薹(とう)が立つ」といいますが、フキノトウの花茎が伸び過ぎて食べ頃を過ぎてしまったことに由来しています。

|薹が立った雌花が種子を飛ばす

出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/126655?title=蕗の薹(雌株と雄株)&selected_size=s

一見全部同じに見えるフキノトウですが、実は雄花と雌花があります。黄色っぽいのが雄花、白っぽいのが雌花。雌花の方は花後に茎を高く伸ばし「薹が立つ」状態になり、綿毛で種子を飛ばします。雄花は花後そのまま枯れてしまいます。

|苦味と香りは春の味

出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/414402?title=ふきのとう&selected_size=s

山菜としていただくには、つぼみでまだ硬く開ききっていない頃が美味しいようです。独特の香りと苦味を天ぷらやおひたし、和え物などで楽しめるのは春の醍醐味ですね。東北地方ではフキノトウのことを「ばっけ」と呼びます。フキノトウの味噌和えのことを「ばっけ味噌」といい、お酒のおつまみやご飯のお供にオススメの一品です。

|まとめ

春の到来を告げるニュースといえば、ツクシやフキノトウの芽吹きといったところでしょう。みなさんのお住いの地域ではいかがですか。いまだ雪が深い地域でも、今頃フキノトウがその芽吹きを待ちわびて力を溜めていることでしょう。

曲は知れども花は知らないエーデルワイス

子供の頃、音楽の時間によくリコーダーで奏でたエーデルワイス。花であることは理解していましたが、あらためて考えてみれば、エーデルワイスという花を実際に見たことはありません。どんな花なのか知らない方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。今回は曲は知っていても実物は知らないエーデルワイスについて調べてみました。

|ヨーロッパの高山植物

出典:https://pixabay.com/ja/エーデルワイス-アルパイン-エーデルワイス-高山の花-複合-キク科-175218/

エーデルワイスはヨーロッパの山岳地帯原産、キク科ウスユキソウ属の多年草です。石灰岩地帯に自生し、よく知られた高山植物として親しまれており、スイスの国花になっています。白い綿毛のついた星型の愛らしい花が特徴。しかし白い部分は葉が変化した部分で苞葉(ほうよう)と呼ばれるものです。本来の花は中心部の小さな黄色の部分になります。

|名の意味は高貴な白

出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/488128?title=エーデルワイス&selected_size=s

ドイツ語の「edel(エーデル)=高貴」と「weiß(ヴァイス)=白」が合わさった名前のとおり、ヨーロッパでは純潔の象徴とされており、古くは消化器や呼吸器の薬として用いられてきた歴史もあります。自生地では数の減少が問題となっていて、スイスでは採取禁止になっています。

|日本のウスユキソウも仲間

出典:https://pixabay.com/ja/アルパイン-エーデルワイス-普通-エーデルワイス-ふわふわ-白-181720/

残念ながらエーデルワイスは日本にはありません。しかし同じウスユキソウ属によく似た植物はあります。岩手県早池峰山に自生するハヤチネウスユキソウは、日本におけるエーデルワイスと呼ばれていますし、ヒナウスユキソウやチシマウスユキソウなど、登山愛好者にはおなじみの花々かもしれません。ちなみにエーデルワイスはセイヨウウスユキソウとも呼ばれています。

|まとめ

映画「サウンド・オブ・ミュージック」に曲が使われたこともあり、エーデルワイスという名前は日本でもよく知られたものとなりました。しかし園芸品種として流通するのは決して多くはありません。日本のウスユキソウ自生地でも採取は禁止されていますので、現地で花を見て楽しむようにしましょう。

牧草からおしゃれな園芸品種まで〜シロツメクサ〜

道端や公園、原っぱなどでよく目にするシロツメクサ。牧草やグランドカバーに利用されることも多い中、花の冠を作ったり、四つ葉のクローバーを探したり、子供の頃から誰もが親しんできた花ですね。今回は私たちにとって身近な花、シロツメクサについてお話したいと思います。

|破損防止の詰め物が名前の由来

出典:https://www.photolibrary.jp/img345/163811_3135344.html

シロツメクサは漢字で書くと「白詰草」。江戸時代にオランダからガラス製品を輸入する際に、破損防止のために箱に詰められていたのが、乾燥したシロツメクサだったのです。明治時代に牧草として輸入されましたが、そこから広がり日本でも野生化していったともいわれています。英名がクローバー。もともとヨーロッパ原産のマメ科の植物ですが、和名の由来を聞くと納得です。

|花後をよく見ると豆と同じ

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/105013?title=シロツメクサ1&selected_size=s

花の時期は春から秋のはじめにかけてです。丸い花は小さな小花が集まったもの。一つ一つが蝶のような形をした花になっています。他のマメ科の植物と同様に、花後にはサヤの中に種子ができています。茶色になってしおれた頃、小さな花をよく見てみてくださいね。

|最近は園芸品種も豊富

出典:https://www.photolibrary.jp/img35/7411_97773.html

シロツメクサの仲間でアカツメクサというものもあります。シロツメクサよりも少し大きめで、その名の通り赤や紫がかった花を咲かせます。雑草のように扱われることのあるシロツメクサですが、最近は園芸品種もたくさん出回るようになりました。赤や紫の花でグランドカバーや寄せ植えで楽しんだり、葉色が黒や紫のものや模様が入ったものなどバラエティーに富んでいます。

|まとめ

野原いっぱいに咲きほこるシロツメクサの中で遊んだ子供の頃。ガーデニングに取り入れる園芸品種のシロツメクサは、大人の楽しみといったところでしょうか。春の訪れが待ち遠しく感じますね。

女の子の幸福を願う春の花〜花桃〜

女の子のいるご家庭では、雛人形の飾り付けが終わった頃でしょうか。3月3日、女の子の健やかな成長を願うひな祭り。桃の節句の名のとおり、ひな祭りに欠かせない花といえば桃の花です。桃といえば食べて美味しい果物でもありますが、今回は花の桃についてお話したいと思います。

|災いを遠ざけ福を呼ぶ木

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/145337?title=花桃&selected_size=s

桃は中国原産、バラ科の落葉高木です。開花時期は3月から4月。ちょうどサクラの時期と重なるように、ピンクや赤、白などの花を咲かせます。中国では災い防ぎ、福を呼ぶ木とされてきた桃。日本には弥生時代に伝わり、平安時代に桃の節句が始まりました。ちょうど厄除けや招福の意味を持ち、節句の時期に咲く植物ということで、桃の花が飾られるようになったといわれています。

|観賞用の花桃 食用の実桃

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/173596?title=桃の花&selected_size=s

現在ひな祭りに飾られる桃はハナモモ(花桃)といって、花を観賞するために品種改良されたもので、果実を食べるための桃とは違う品種です。江戸時代に品種改良が行われ、現在栽培されているハナモモは、江戸時代に作られたものが多く残っています。ちなみに果実の桃は「実桃」と呼ばれます。

|八重咲きのボリュームは桜と違った美しさ

出典:https://www.photolibrary.jp/img23/3151_49778.html

お花見といえばサクラといったところですが、桃の花もサクラと違った華やかな魅力があります。花桃はほどんどが八重咲きで、枝びっしりに花が咲きます。鮮やかな濃いピンク色から白まで、品種による色の濃淡を楽しむことができます。実桃を栽培している桃畑も、もちろん春には満開を迎えます。花桃の名所だけではなく、お花見を堪能できるかもれません。

|まとめ

花の美しさとジュシーな果実で私たちを楽しませてくれる桃。花屋さんにはピンク色のつぼみが膨らんだ桃の花が並んでいる今日この頃です。女の子のいないご家庭でも、部屋に飾ってみてはいかがでしょうか。優しいピンク色が春を連れてきてくれますよ。

環境に優しい 憧れの薪ストーブライフ

揺らめく炎。癒しと安らぎと暖かさをもたらしてくれる薪ストーブ。寒い季節、そんな温もりある風景に憧れをいだいてしまいます。でも実際、薪ストーブは薪の確保やメンテナンスも大変だなんていう話も耳にしますね。「燃やせれば薪にする木なんて何でもいいんじゃない?」という気もしますが、そう簡単なことではないようです。

|一般的な薪は広葉樹を利用

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/486517?title=薪ストーブの温もり&selected_size=s

木は大きく分けて「広葉樹」と「針葉樹」。一般的に薪ストーブの燃料としては、ナラやクヌギなどの広葉樹を使用します。これは広葉樹が燃焼時間が長く、燃やした時に発する熱量も大きいためです。一方スギなどの針葉樹は火がつきやすく着火用として向いており、広葉樹に比べて薪割りも簡単です。これは広葉樹と針葉樹の密度の違いによるもの。広葉樹は密度が高く重い、針葉樹は密度が低く軽いというわけなのです。

|最適な水分含有量は20%

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/633308?title=薪ストーブの薪&selected_size=s

木を切ったからといって、すぐに薪としてストーブに入れることはできません。切ってすぐの木は50%の水分を含んでおり、この水分が20%になるまで乾燥させたものが薪として最適と言われています。水分を含んだままの木だと、暖まりにくい上に煙やススも発生しやすくなります。理想の乾燥状態になるには1年から2年の時間が必要とのこと。薪ストーブライフはなかなか手間のかかるものなのです。

|無駄のない自然の循環システム

出典:https://www.photolibrary.jp/img49/3798_152517.html

木を燃料にすること、一見環境破壊のように感じますが、決してそうではありません。木など植物由来の燃料を燃やすと二酸化炭素が発生します。その二酸化炭素は、植物が光合成によって吸収します。つまり植物がある限り二酸化炭素は増えることはないのです。このしくみをカーボン・ニュートラルといいます。自然の循環システムは、実に無駄なく効率的にできているものですね。

|まとめ

北海道では薪の生産量が5年前の1.8倍に増加しているそうです。ピザ用の窯を持つ飲食店が増えたこと、一般住宅における薪ストーブの普及が影響しているとのことです。大変だけど環境に優しく温もりあふれる薪ストーブライフ。我が家でもいつの日かと憧れる今日この頃です。

冬にも葉を楽しめるオタフクナンテン

漢字で書くと「お多福南天」と記載される低木は、実を付けない南天の仲間です。鮮やかな赤い葉を付け、お手入れが簡単なので、ガーデニングでよく使われます。

|寒くても葉を落とさない

お多福南天

赤い葉を付ける植物は秋に紅葉した後、葉を落とすことが多いです。オタフクナンテンは、1年中赤い葉を付けて寒くなっても葉を落としません。鮮やかな赤色は、冬の庭を明るくしてくれる貴重な存在です。

|生垣で人気

お多福南天

オタフクナンテンは、草丈が最大50cmくらいの低木です。庭や公園の生垣として人気があります。また、背の高い木の根元へ植えるグラウンドカバーに向いています。生育がゆっくりで、剪定の必要が無い為、お手入れが簡単です。

|日に当たると葉の色が濃くなる

お多福南天

オタフクナンテンは半日陰でも育ちますが、葉の赤い色が鮮やかになりません。赤い色を楽しみたい場合は、日当たりの良い場所へ植えましょう。葉は赤と緑色が混在しますが、晩秋から春にかけて、赤色が濃くなります。生育環境によって、1年中赤い葉のままのこともあります。

|まとめ

オタフクナンテンは南天の仲間ですが、実をつけにくいです。その為、増やすには挿し木が行われます。時期は3月頃が適しています。葉を全て取り除き、10cmほどの長さにそろえたら、土に挿して水をかけます。明るい日陰へ置いて、葉が茂るまで待ちましょう。