お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

スタンド花配達専門サイト 開店祝い.com 当日配達可能! 全国送料無料! 開業・開店・コンサート・劇場・ライブ・展示会・パーティーなどに、お祝い花・スタンド花を贈ってみませんか?

お花に関するまとめコラム

深い青色の実が美しいブルーベリー

北半球の各地にたくさんの種類が自生していて、欧米では昔から食用として利用していました。品種改良され世界で広く栽培されています。

|釣り鐘状の花が可愛い

庭

ツツジ科の落葉低木です。原産地は北アメリカで、日本のクロマメノキ、ナツハゼは、同じ仲間です。別名はヌマスグリ、樹高が1~3mどまりなので、庭木としても育てやすいです。白い小さな花は、釣り鐘状をしていて、10ヶ前後の花が固まって咲きます。花言葉は「実りある人生」「知性」などがあります。

 

|果実の色の変化も楽しみ

庭

果実は、緑から赤っぽく、最後は青へと変化します。6月中旬から8月いっぱい(種類によって)収穫は続きます。アントシアニンを多く含み、眼性疲労が改善すると言われています。他にもビタミンE、ミネラル、食物繊維を含んでいます。

 

 

|受粉樹がもう一本必要

紅葉

紅葉

実をたくさん付けさせるためには、一本だけでは無理なんです。近くに、品種の違う木を受粉樹としてもう一本植えて下さい。簡単な剪定方法は、冬季に切るのが良いようです。どの枝にも花芽がつきますので、バランス重視で切ってください。花良し、実良し、秋の紅葉も見事です。

 

|まとめ

ジャム

ジャム

ブルーの実が、黒くなってきたら熟していますので収穫します。日々熟したものから順に冷凍しておけば、一度にジャムを作りたいとか、ジュースにしたいときにとても便利です。とても濃厚な美味しいジャムが出来ますよ。そのまま生で食べても美味しいし、またはヨーグルトやケーキに飾っても楽しいですね。

見栄え抜群の大型植物ジキタリス

長く伸びた茎の先に、釣り鐘型の大型の花が、段々と穂状に付きます。ガーデンにいっそうの華やかさを出してくれる魅力ある植物です。

|イングリッシュガーデンにぴったり

オープンガーデン「ルジャルダンサクレ」

オープンガーデン「ルジャルダンサクレ」

オオバコ科で、気候が合えば常緑多年草、高温多湿の地では、春まき二年草です。ヨーロッパから西アジアを原産とします。丈は40~200cmにもなり、種類によっては無いものもありますが、花の内側に斑点が入ります。イングリッシュガーデンには欠かせない花で存在感抜群です。

 

|妻はサイコロが好き

庭

ギリシャ神話にはこんな話があります。ゼウスの妻ヘラはサイコロ遊びが大好き。ある日、サイコロを地上に落としてしまい、ゼウスに取ってきてほしい、と頼みますが、妻のサイコロ遊びを快く思っていなかったゼウスは、サイコロをジキタリスに変えてしまったとか。おやおや。

 

|薬にも毒にも

個人の庭

個人の庭

切り傷、打ち身に効く薬草として使われますが、反面全草に毒があります。但し口にしなければ問題はありません。花色は、紫、白、ピンクなどがあり、花言葉は「不誠実」「熱愛」です。別名キツネノテブクロとも呼ばれます。

 

|まとめ

オープンガーデン「ルジャルダンサクレ」

オープンガーデン「ルジャルダンサクレ」

五月に種まきし、冬を越して翌年花を咲かせるものを二年草といいます。本来は丈夫で、コボレタネで咲くのですが、環境に左右され、咲かない場合が多々あります。乾燥を好み、水のやり過ぎはいけません。日光は好みますが、直射日光は苦手なので、半日陰が適しています。

古来より薬草として使用されるドクダミ

古来より庶民の味方であり、薬草として重宝されてきた半面、現代では、根絶やしにするのが困難、臭いも独特、と嫌われていたりもします。

|別名は十薬(ジュウヤク)

庭

ドクダミ科の多年草で、原産地は東アジアです。日陰や湿地を好み、地下茎で繁殖し、絶やすのは困難なので、使用目的により植える場所を考えましょう。「十薬」という別名があり、さまざまな薬効があります。

 

 

|昔懐かしい記憶

庭

5~6月に、十字型の白い花を咲かせます。真っ白な花に見えるのは、じつは「苞(ホウ)」、本来の花は、中心の黄色い棒状のものです。花言葉は、「白い追憶」「野生」などがあります。昔、母親に葉っぱをつぶし、傷口に塗ってもらったそんな懐かしい記憶のあるかたもいるかもしれません。

 

|生薬(しょうやく)としての効能

https://www.google.co.jp/search?

https://www.google.co.jp/search?

葉や茎を乾燥させたものが十薬という名前で生薬として売られています。煎じて飲むのですが、利尿、解熱、解毒、動脈硬化予防などの効果があるとされています。ただし、副作用の出る人もあるので、よく注意して服用しましよう。

|まとめ

普通の雑草のように、手で引いても根からは抜けず、地下茎でどんどん繁殖していきます。絶やすには除草剤を使うことになり、他の植物にも影響しますので、軽い気持ちで庭などに鑑賞用では植えない方が無難です。

ふわふわ優しいカスミソウ

白、というイメージがありますが、最近はピンク、赤もあり、花束やフラワーアレンジメントには欠かせない植物です。どんな花も引き立ててくれるのが魅力です。

|一年草と宿根草

庭

ナデシコ科で、和名はムレナデシコ。アジア、ヨーロッパ一帯が原産で約125種が確認されています。一年草と宿根草があり、売っているのは宿根草が多いです。背丈は1メートル以上になり、5~7月に、白く小さな花がいっぱいに咲く姿は壮観です。

 

|春霞のように

https://www.google.co.jp/search?

https://www.google.co.jp/search?

白い小さな花の集まった様子が、春霞のように見えることから名付けられました。英名はbaby’s breath(赤ちゃん、または愛しい人の吐息)、素敵ですね。花言葉は、「清らかな心」「無邪気」「親切」「幸福」などがあります。同じ花言葉を持つ花と組み合わせてのプレゼントは如何でしょう。

 

|移植が嫌いです

庭

高温多湿を嫌います。乾燥気味の痩せた土を好み、凍らない程度の腐葉土を敷くだけで越冬もします。肥料もほとんど要りません。移植を嫌うので、タネを播くときは場所を考えて直播きにします。宿根タイプは、花後地表10cmで切り戻します。新芽が出たら摘心を繰り返すことで、こんもり大きな株に育ちます。

|まとめ

庭

白く清楚な花姿は、いかにも、仄かな芳しい香りのイメージですが、ちょっと独特な匂いがして、嫌う人もいます。花の盛りのころに、茎長く切り取って、逆さに吊るして干しておくと、簡単にドライフラワーになります。単品でも、他のドライと組み合わせてもいいのではないでしょうか。

成長が盛んなブラックベリー

鉢植えでも育ちますが、とても繁殖力があるので、たくさんの実を収穫したい方は、スペースがあれば地植えにするとより楽しめます。

|花は美しく実は美味しい

庭

バラ科のツル性の果樹で、ヨーロッパ、北アメリカ原産です。別名はキイチゴ、セイヨウヤブイチゴとも呼ばれます。耐暑性、耐寒性があり、あまり虫もつかないので、無農薬で育てられます。多くはトゲがあり、花は六月始め、収穫は七月頃に出来ます。外国などでは、広く横に伸ばして生垣に使う家もあるようです。素敵ですね。

 

|花は固まって数個ずつ

庭

樹高2~3mくらいになるので、他の植物との間隔をあけて植えます。日当たりが悪いと花数が減り、したがって実付きも悪くなります。数個ずつ固まって咲く花は、とても素朴で、可憐です。花言葉は、「あなたと共に」「人を思いやる心」「素朴な愛」「孤独」「嫉妬」などがあります。

 

|収穫は実が黒くなったら

採取したものを冷凍

採取したものを冷凍

最初は赤い実が、黒く熟したら収穫の時です。生食はもちろん大丈夫で、酸味が強く、少しの甘味があります。一度に熟さないので、ジャム用など大量に使いたい場合は、そのつど冷凍すると良いでしょう。アントシアニンを豊富に含み老化防止の効果があるそうです。

 

|まとめ

採取したものでジャム

採取したものでジャム

ジャムにするときは、種が入るのを好む人もいますが、ひと手間、裏ごしなどで種を取ると非常に美味しいです。繁殖力が強いので、長いツルを縦横に伸ばし手入れに困ることもあります。剪定をきちんとして、管理できない場合は、苦になることもありますので、要注意です。

花色豊富な花ショウブ

梅雨時のうっとおしい天候の中、色とりどりの花の華やかさが目立ちます。背も高く、すっくと立つ美しさは凛としています。

|多彩な色

赤堀菖蒲園

赤堀菖蒲園

アヤメ科の多年草です。高さは50cmから1mあり、湿地や水辺のそば、半乾燥地でも生育できます。日本、朝鮮半島に分布し、江戸時代から数多くの品種改良がなされて、現在では2000種以上あると言われています。紫、白、ピンク、黄色、絞りなど実に多彩で、菖蒲園はあちこちに見られます。

 

|しょうぶ湯に使うのは別物

https://www.google.co.jp/search?

https://www.google.co.jp/search?

日本には、端午の節句にショウブの葉を風呂に入れるしょうぶ湯が習慣としてあります。これに使うショウブの葉は、正式には葉菖蒲と言われるもので、姿は似ていますが、サトイモ科の別物です。香りがとても良くて、この香りが厄除けとして重宝がられたのです。花菖蒲では代用できません。

|どれがアヤメかカキツバタ

赤堀菖蒲園

赤堀菖蒲園

花菖蒲の古名はアヤメです。アイリスもアヤメ花、みんな姿形も似ているし、名前も混同されていて、見分けるのは難しいですね。花びらの付け根が黄色の模様が花菖蒲、白いのがカキツバタ、網目状がアヤメと覚えてみるのはどうでしょうか。花言葉は、「嬉しい知らせ」「あなたを信じる」「心意気」「優しい心」「優雅」などがあります。

|まとめ

赤堀菖蒲園

赤堀菖蒲園

アヤメ属のカキツバタ、シャガは、水辺に咲くことが多いです。アヤメは、乾燥した草地が適していて丈は30~60cmくらいです。一諸に並べて見比べてみないと、見分けはなかなか難しいですね。どの花も、活け花として利用され、日本人の心にしっとりと馴染みます。

夏を彩る定番植物⑤〜マリーゴールド〜

夏を彩る定番植物の第5回目。やはり夏といえば外せないのは、マリーゴールドではないでしょうか。娘が小学一年生の頃、学校の花壇でタネから育て、立派に咲いていたことを思い出します。鮮やかなオレンジ色の花は、私たちに元気を与えてくれるようです。

|タネからも育てやすい一年草

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/153032?title=マリーゴールド&selected_size=s

マリーゴールドはメキシコ原産のキク科の一年草です。春から苗が販売されていますが、タネから育てることもできます。6月から10月ごろまで花を咲かせ、花壇はもちろんプランターや鉢植えなどで楽しむことができます。オレンジ色が代表的な花色ですが、赤や黄色、クリーム色などもあり、花の形も様々です。

|品種によって異なるサイズ

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/876739?title=アフリカンマリーゴールド&selected_size=s

品種によっては草丈や花の大きさに差があります。アフリカン・マリーゴールドは草丈が1m近くになることもある大型品種。花もボリュームたっぷりです。植える際には他の植物とのバランスを気をつけた方がいいかもしれません。草丈30〜40㎝と小さめなのがフレンチ・マリーゴールドとメキシカン・マリーゴールド。寄せ植えで楽しむならこちらの方が向いています。

|コンパニオンプランツの代表格

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/22285?title=寄せ植え2&selected_size=s

マリーゴールドは、コンパニオンプランツの代表的存在でもあります。コンパニオンプランツとは、一緒に植えると良い影響を与える植物のことで、共存作物と呼ばれることもあります。マリーゴールドの根には、土の中のセンチュウという害虫に効果がある成分が含まれているとのこと。また独特の香りには防虫効果があるとも言われています。ナスやキュウリ、トマトなどの夏野菜と一緒に植えるのがオススメです。

|まとめ

5回にわたっておおくりしてきた夏を彩る定番植物。どれもホームセンターの園芸コーナーなどで、手軽に購入できるものばかりです。夏の花の定番同士で寄せ植えもいいかもしれません。ワンコインあればゴージャスな一鉢が完成することでしょう。

夏を彩る定番植物④〜サルビア〜

夏から秋の花壇にひときわ映える赤い花といえばサルビアです。公園や道路脇に一面に植えられていると、とても見応えがありますね。実はサルビアにはたくさんの種類があり、その数は900種以上といわれています。その中でもよく目にする赤のサルビアと青のサルビアを中心に、今回はご紹介していきたいと思います。

|燃えるような赤 サルビア・スプレンデンス

出典:https://www.photolibrary.jp/img296/203754_2619256.html

サルビアとはシソ科サルビア属の植物の総称です。一般的には赤のサルビアのことをさすことが多いようですが、正式にはこの赤のサルビアは「サルビア・スプレンデンス」といいます。ブラジル原産で、花の時期は6月から10月。花と同様にガクも色づくため、花が散っても長く咲いてるように見えるのが特徴。赤色のほかに白や紫などの園芸品種もあります。本来は多年草ですが、寒さに弱いため日本では一年草として扱われています。

|涼しげな青 サルビア・ファリナセア

出典:https://www.photolibrary.jp/img107/1697_428591.html

青のサルビアは正式名称「サルビア・ファリナセア」。その見た目の通り「ブルーサルビア」と呼ばれています。こちらは北アメリカ原産の一年草。ラベンダーとよく似ているので、越冬しそうな感じがしますが、寒さには弱い植物です。白の品種もあり「ホワイトサルビア」と呼ばれることもあります。

|ハーブでおなじみ セージ

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/477170?title=チェリーセージ・ホットリップス&selected_size=s

サルビアの中には毎年花を咲かせるものもあり「セージ」という名前がついて流通しています。「チェリーセージ」や「コモンセージ」など観賞のみならず、ハーブとして利用されることが多いようです。いずれのサルビアも咲き終わった花穂は切り取ることで、脇芽が伸びてきます。夏場に花付きが悪くなったら、いったん半分程度まで切り戻すと、秋まで十分に楽しむことができるでしょう。

|まとめ

たくさんの種類があるサルビア。暑い毎日には涼しげなブルーも魅力的。燃えるような赤は夏空にも映え、秋の深まりにもよく似合いそうです。いずれも簡単に育てられるので、夏から秋の花壇の主役にしてみてはいかがでしょうか。

夏を彩る定番植物③〜コリウス〜

夏に似合う華やかさが魅力のコリウス。花を楽しむのではなく、カラフルな葉を楽しむ植物です。人の目を引きつける色とりどりの葉は、どこかエキゾチックな雰囲気を漂わせます。夏を彩る定番植物と題した第3回目。今回はコリウスについてご紹介していきたいと思います。

|色鮮やかな葉を楽しむ

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/976464?title=色とりどり&selected_size=s

コリウスは東南アジア原産のシソ科の一年草です。暑い気候では多年草ですが、日本では一年草として扱われています。「金蘭紫蘇(キンランジソ)」という日本名からも分かるように、カラフルなシソといったところでしょうか。観賞時期は6月から10月。夏から秋にかけて小さな花を咲かせます。葉を楽しむには花は摘んだ方がよいとされていますが、小さくて可愛い花です。

|色と形のバリエーションが豊富

出典:https://www.photolibrary.jp/img267/1942_2167621.html

コリウスは100を超える園芸品種があって、葉の色のバリエーションが豊富です。緑、黄色、赤、紫などなど、葉の形もシソのようなタイプのものから、切り込みが入ったものまで、本当に多種多様です。人によっては少々毒々しい色合いに感じることもあるようですが、単色の爽やかな雰囲気のものもありますから、お気に入りを見つけてみたいものです。

|摘心で新しい葉を生み出そう

出典:https://www.photolibrary.jp/img120/9732_519198.html

綺麗な葉を鑑賞するためには、摘心が欠かせません。草丈が伸びてきてきたら切り戻し、脇芽がどんどん出るようにします。そうすると新しい葉が出てきて、こんもりとしたボリュームあるコリウスに育ちます。切った茎は挿し木で簡単に増えるので、チャレンジしてみてください。乾燥が苦手なコリウスなので、夏場は水をたっぷりあげるのもポイントです。

|まとめ

夏の定番といっても、実は真夏の直射日光は少々苦手なコリウス。強い日差しに葉焼けを起こしてしまうことがあります。庭であれば明るい日陰や、木漏れ日のあたる場所などがベストです。上手に育てれば、晩秋まで観賞することができますよ。花とはまた違った魅力を楽しんでみて下さい。

夏を彩る定番植物②〜ペチュニア〜

たくさんの花が次々と咲き、庭を華やかに彩るペチュニア。フラワーショップでは多くの品種が並び、目移りしてしまうほどです。今回は夏を彩る定番植物の第2回目。ペチュニアについて紹介していきたいと思います。

|500を超える園芸品種

出典:https://www.photolibrary.jp/img217/51702_1540410.html

ペチュニアはナス科の一年草の植物です。もともと南アメリカに自生するものがヨーロッパで品種改良され、様々な品種が作り出されました。「ツクバネアサガオ」という日本名がありますが、アサガオとよく似た花びらの形状をしたものもあります。現在では500種を超える品種があり、花の大きさ、色、形状もバラエティーに富んでいます。

|美しさの秘訣は毎日の花がら摘み

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/346050?title=八重咲きペチュニア&selected_size=s

開花時期は4月から10月。春から秋にかけて長く楽しむことができます。雨が苦手な植物なので、直接雨が当たらない軒先やベランダなどの置くのがベスト。花がらをこまめに摘むことで、次々と花が咲くことができ、また見た目も美しく保たれます。土が乾いたら水やりはたっぷりと行います。

|間伸びしてきたら切り戻し

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/890403?title=サフィニア、ペチュニア、ナスタチウムの花&selected_size=s

また成長とともに、根元の方にはなかなか花が咲かなくなり、茎だけが長い状態になってしまいます。そんな時は思い切って10㎝程度を残し、茎を切り戻します。そうすることで脇芽が出て、こんもりとした株になりまたたくさんの花を咲かせてくれます。開花時期には10日に1回の割合で液体肥料を与えるのも、花を多く咲かせるコツです。

|まとめ

1つの株からボリュームたっぷりの1鉢にもなるペチュニア。ハンギングで枝垂れるタイプも良し。八重咲きで高級感溢れる雰囲気も素敵です。あなたの庭にぴったりなペチュニアはどんなタイプでしょうか。